「コブラツイスト」の版間の差分

編集の要約なし
相手の左足の内側に自身の左足を正面から引っ掛けて、相手の左横を通り抜けて自身の体を相手の背後に回り込ませて相手の右脇に背中の方から差し込んだ左腕を相手の首の後ろに回し、相手の首を抱え込むように自身の両手をクラッチさせて相手の脇腹を痛めつける。
 
創始者はベネズエラ出身レスラーのサイクロン・アナヤで'''アナヤズ・ストレッチ'''の名称で使用していた。[[ルー・テーズ]]からギブアップを奪った実績を持つ。屈指の使い手である[[ディック・ハットン]]が創始者という説もあるが活動していたのはアナヤよりも後である。なお、ハットンもまたテーズをコブラツイストでからギブアップさせを奪った数少ないレスラーの1人である。
 
一時期、[[アントニオ猪木]]の[[フィニッシュ・ホールド]]であり、「アントニオ猪木といえばコブラツイスト」ともされていたがコブラツイストを多くのレスラーが使用したため(特にライバルの[[ジャイアント馬場]]が使用したことが大きな理由であるといわれる)、その進化系である[[卍固め]]を使用したという。日本において、人レスラーで最初に使用したのは[[吉原功]]。
 
== 主な使用者 ==
; グラウンド・コブラツイスト
: コブラツイストの要領で相手の体に手足を絡めて相手もろとも後ろに転がるように倒れ込み、相手の背中をマットにつけさせて相手の右足と首を抱え込むように自身の両手をクラッチして相手の左足を両足で挟み込み、フォールを奪う。
: コブラツイストの原型は、こちらの方で、もともとレスリングの技であった。近代最高の使い手である[[アントニオ猪木]]は引退直前に「実際は寝て極めるもの」と明かして実際に引退試合で[[フィニッシュ・ホールド]]として使用している。また、「グラウンドならば総合格闘技でも有用な技」だということを[[鈴木みのる]]([[パンクラス]]でのスパーリングにおいて、ロッキングチェア・ホールドからグラウンド・コラツイストに移行してタップを奪った)[[桜庭和志]]がインタビューで話している。
: なお、ブラジリアン柔術やグラップリングにおいては'''ツイスター'''の名称で通っている。著名な使い手として柔術家の[[エディ・ブラボー]]がいる。
; グラウンド・コブラツイスト・ホールド