「退去強制」の版間の差分

→‎退去強制令書の執行: チャーター機で強制送還
(→‎退去強制令書の執行: チャーター機で強制送還)
実務上の取扱いとして、退去強制の費用(主に航空運賃)を自分で支弁できたり、差入れを受けることが可能な者は、身柄が拘束(収容)されていても10日から14日程度で出国ができるが、費用を支弁できない場合は、種々の手続・決裁を経て国家予算で送還されるため、収容状態が長期に及ぶこともある。退去者が、退去を拒んで暴れるケースもあるため、1人の退去のために数人の警備員を付ける必要があるなど、費用が嵩むことも多い。国家予算を使用することへは批判も根強く、あくまで自費で退去させるようにすべきだとの批判がある。
 
退去費用の抑制のため、2013年より、退去先の国が同じ数十人の不法滞在者を、[[チャーター便|チャーター機]]で集団退去させる手法が導入された<ref>{{cite news |title=不法滞在、チャーター機で75人を一斉送還|newspaper=[[読売新聞]] |date=2013-7-7 |url=http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130707-OYT1T00203.htm | accessdate=2013-7-7}}{{deadlink|date=2018年6月}}</ref>。<br>
 
チャーター機で祖国に強制送還した記録
# 2013年7月、フィリピン人74人<ref name="reuter">{{citeweb |url=https://jp.reuters.com/article/bangladesh-idJPKBN0TT05020151210?feedType=RSS&feedName=topNews |title=日本政府、バングラデシュ人22人を強制送還 難民不認定者も |date=2015-12-10 |accessdate=2018-06-22 |publisher=ロイター}}</ref>
# 2013年12月、タイ人46人<ref name="reuter" />
# 2014年12月、スリランカ人26人・ベトナム人6人<ref name="reuter" />
# 2015年11月25日、バングラデシュ人22人<ref name="reuter" />
# 2016年9月22日、スリランカ人30人<ref>{{citeweb |url=https://www.refugee.or.jp/jar/report/announce/2016/10/06-0000.shtml |title=スリランカへの一斉送還(2016年9月22日)に対する抗議声明 |date=2016-10-06 |accessdate=2018-06-22 |publisher=難民支援協会}}</ref>
# 2017年2月20日・21日、タイ人32人、ベトナム人10人、アフガニスタン人1人、費用約2700万円<ref>{{citeweb |url=https://newspicks.com/news/2079178/ |title=入管、タイ人ら43人を強制送還 チャーター機で、滞在25年も |date=2017-02-21 |accessdate=2018-06-22 |publisher=共同通信 47NEWS}}</ref><ref>{{citeweb |url=http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/03/23/%E5%85%A5%E7%AE%A1%E3%81%8C%E5%BC%B7%E5%88%B6%E9%80%81%E9%82%84%E8%80%85%E3%82%92%E6%B0%B4%E5%A2%97%E3%81%97%E2%80%95%E2%80%953%E5%88%86%E3%81%AE2%E3%81%8C%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E5%A4%96/ |title=入管が強制送還者を”水増し”――3分の2が対象外の「帰国希望者」 |date=2017-03-23 |accessdate=2018-06-22 |publisher=週刊金曜日}}</ref>
# 2018年2月8日、ベトナム人47人、費用約2600万円<ref>{{citeweb |url=https://www.sankei.com/affairs/news/180208/afr1802080062-n1.html |title=チャーター機でベトナム人47人強制送還 |date=2018-02-08 |accessdate=2018-06-22 |publisher=
産経ニュース}}</ref>
 
チャーター機以外の強制送還も含めると、2014年は5500人を超えた<ref name="reuter" />。
 
== 脚注 ==