「京王電鉄」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
現在の京王電鉄の歴史は、[[1905年]]([[明治]]38年)[[12月12日]]に、'''日本電気鉄道株式会社'''が関係官庁に[[電気鉄道]]敷設を出願したことにまで遡る。この時出願した路線は、[[鉄道省|官設鉄道]][[蒲田駅]]から[[調布町]]、[[府中町 (東京都)|府中町]]を経て[[甲武鉄道]][[立川駅]]に至る路線と、府中で分岐し内籐新宿に至る路線の二つであった。
 
日本電気鉄道は[[1906年]](明治39年)[[8月18日]]、別に[[東京横浜電鉄|武蔵電気鉄道株式会社]]という会社が現れたため、'''武蔵電気軌道株式会社'''と改称し、新たに立川村内と府中 - 国分寺間の路線を出願するとともに既に出願していた鉄道路線計画を変更し、蒲田 - 立川間の調布以北と府中 - 新宿間を合体させ残る蒲田 - 調布間を国領で分岐し蒲田に至る路線として分離した。この時の経路が現在の京王線の基となっている。
 
その後、[[1910年]](明治43年)[[4月12日]]に、別に[[東京横浜電鉄|武蔵電気鉄道株式会社]]という会社が現れたため、武蔵電気軌道が'''京王電気軌道株式会社'''と改称し、[[9月21日]]に[[資本金]]125万円で設立され、[[鬼怒川水力電気]]取締役の[[川田鷹]]が取締役会長に、初代専務取締役(社長)に鬼怒川水力電気社長[[利光鶴松]]([[小田急電鉄]]や[[帝都電鉄]]の創業者)の親族である[[利光丈平]]がに就任した。しかし、まだ鉄道路線は有していないため、当初の営業は[[1911年]](明治44年)[[7月4日]]に関係官庁より許可が出た[[電力会社|電気供給]]事業のみ執り行っており、[[1912年]](明治45年)8月から調布町・[[多磨村]]・府中町・[[西府村]]に電気供給を行っていた。
 
そして、[[1913年]]([[大正]]2年)[[4月8日]]に、[[東急玉川線|玉川電鉄]]と[[東京電燈]]から買った電力を笹塚[[変電所]] (100[[キロ|k]][[ワット|W]]) で受けて、[[4月15日]]に[[笹塚駅]] - [[調布駅]]間の12.2キロの電車営業と、電車の補助機関として[[新宿駅]] - 笹塚駅間及び調布駅 - [[国分寺駅]]間の乗合自動車営業([[路線バス]]事業)を開始した。しかし、京王線の建設資金に窮し、[[森村財閥]]の融資系列に入り、[[富士瓦斯紡績]]の[[井上篤太郎]](第3代専務)、[[藤井諸照]](会長)が経営陣に参画することになる。その後は[[1914年]](大正3年)[[11月19日]]の京王線の[[京王線の新宿駅付近の廃駅#新町駅|新町駅]](現存せず) - 笹塚駅間の延伸を皮切りに、[[1915年]](大正4年)[[5月30日]]には[[京王線の新宿駅付近の廃駅#京王新宿駅|新宿追分駅]](新宿3丁目付近にある追分交差点にあった駅 現・京王新宿三丁目ビルの位置) - 新町駅間が、[[1916年]](大正5年)[[6月1日]]には調布駅 - 多摩川原駅(現・[[京王多摩川駅]])間が、[[10月31日]]には調布駅 - [[府中駅 (東京都)|府中駅]]間が延伸開業した。また、[[1923年]](大正12年)[[5月1日]]には新宿駅 - 府中駅間の全線複線化も行っている。このほか、[[1919年]](大正8年)[[4月]]には多摩川原駅前での[[造園]]事業も行った。