メインメニューを開く

差分

m
フランス人のアドルフ・スィウ({{lang|ru|Адольф Сиу}})夫妻が[[1855年]][[11月24日]]にモスクワ市[[トヴェルスカヤ通り]]に製パン店として開業した。[[1861年]]から[[香水]]製造を開始して急成長し、その後[[化粧品]]、[[香料]]、[[石けん]]製造にも進出して事業を急速に拡大した。
 
[[18851884年]]に「A・スィウ&K」社({{lang|ru|А. Сиу и К}})として法人化し、サンクトペテルブルク大通り(現・レニングラード通り)にレンガ造りの本社と工場を新設した。モスクワで最初に本格的な電気設備を導入した施設の一つとなった同社工場には、香水事務所のほか、勤務する従業員のための寮や幼稚園、病院、洗濯場が設けられていた<ref name="village">[https://www.the-village.ru/village/business/wherework/275926-bolshevik {{lang|ru|Я работаю в здании фабрики „Большевик“(私は工場施設「ボルシェビーク」で働いています)}}] レーナ・ベレシャーギナ、『The Village』、2017年7月27日</ref>。[[1900年]]にはモスクワのほか、[[サンクトペテルブルク]]、[[キエフ]]、[[ワルシャワ]]に支店を置き、[[馬車]]や[[自動車]]、[[コーヒー]]、[[ココア]]を販売。製菓部門では[[マーマレード]]、[[キャラメル]]、[[ヌガー]]、[[トルテ]]、[[ケーキ]]、[[生クリーム]]など約2000種類の製品を製造していた。
 
[[1913年]]には菓子の品質の高さが評価されて[[ツァーリ|ロシア皇帝]]の表彰を受け、[[ロマノフ朝]]300年を記念したビスケット「ユビレイノエ」(記念日、{{lang|ru|Юбилейное}})の製造を許された。「ユビレイノエ」はロシアを代表するビスケットブランドとなった。
366

回編集