「イソアミラーゼ」の版間の差分

m (いていた → いた)
 
 
==概要==
1949年に、[[丸尾文治]]と小林恒夫が酵母抽出液中に発見した。
当初、[[アミロペクチン]]に作用させるとヨウ素澱粉反応を赤褐色から紫色に変えることから、「アミロシンターゼ(アミロペクチンを長くする合成酵素)」と呼ばれていたが、実際には分岐構造のα-1,6グルコシド結合が切断し、短い[[アミロース]]を生成したので、「イソアミラーゼ」と命名された。
澱粉、[[グリコーゲン]]のα-1,6結合を加水分解し、直鎖状のアミロースを生成するが、プルランのα-1,6結合にはほとんど作用しない。
匿名利用者