「第2回NHK紅白歌合戦」の版間の差分

* [[正月]]開催だったため、ステージ上方には「謹賀新年」のプレートが飾られた。
* 前回で応援電話によりNHKの電話回線がパンクしたことに備え、今回は専用の特設電話が設置された{{Sfn|池井|p=186}}。
* 当初は[[松島詩子]]が出場予定であったが、昼間に[[日光市|日光]]で正月公演を行って収録へ向かう途中の後、乗っていた車がNHK向かう途中に[[東京都電車|都電]]と衝突する事故を起こし重傷を負ったため出場が不可能になる。NHKは急遽[[越路吹雪]]に代役を依頼、受けた越路は自宅で[[新年会]]の真っ最中で酒が入っていたが、代役を歌い上げた。松島の事故については、本番中に所轄の警視庁から特設電話に経過が混線し、状況が全国に知れ渡った{{Sfn|合田|pp=50-51}}。
* 両軍トリは2年連続で渡辺・藤山が担当。藤山は、この年開催された[[1952年ヘルシンキオリンピック|ヘルシンキオリンピック]]のテーマソング「[[オリンピックの歌]]」を歌った。
* 優勝は白組。