「アミノ酸」の版間の差分

工業的には、[[微生物]]を用いた[[アミノ酸発酵]]によって大量に合成されている。人工的に突然変異させた微生物株を、炭素源となる[[糖類]]や窒素源となる[[硫酸アンモニウム]]と共に培養することで、安価に目的のアミノ酸が合成できる<ref>{{Cite journal|last=Leuchtenberger|first=Wolfgang|last2=Huthmacher|first2=Klaus|last3=Drauz|first3=Karlheinz|date=2005-11|title=Biotechnological production of amino acids and derivatives: current status and prospects|url=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16195792|journal=Applied Microbiology and Biotechnology|volume=69|issue=1|pages=1–8|doi=10.1007/s00253-005-0155-y|issn=0175-7598|pmid=16195792}}</ref>。
 
== 摂取基準状況 ==
{{See also|必須アミノ酸#推奨摂取量}}
;米国
;日本
米国医学研究所の書籍(2005)<ref name="IoM2005"/>では以下のようになっている。
{|class="wikitable sortable" style="text-align:center;"
 
|+アミノ酸必要量(18歳以上,2015年阪)<ref>{{cite book|title=「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書|url=https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html|chapter=1-2 たんぱく質|chapterurl=https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042630.pdf|date=平成26年3月28日|publisher=厚生労働省}}</ref>
{|class="wikitable sortable" style="text-align:center;"
|+米国での摂取状況<br/>(平均、1988-1994)<ref>[https://www.nap.edu/read/10490/chapter/20 Appendix D],
Dietary Reference Intakes for Energy, Carbohydrate, Fiber, Fat, Fatty Acids, Cholesterol, Protein, and Amino Acids (2005)
Chapter: D Dietary Intake Data from the Third National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES III), 1988–1994
</ref>
!アミノ酸!!mg/kg 体重グラム/日
|-
|アラニン||3.64
!アミノ酸!!mg/kg 体重/日
|-
|ヒスチジアルギニン||104.18
|-
|イソロイシアスパラギ||206.54
|-
|ロイステイン||391.01
|-
|リジグルタミ||3015.27
|-
|ン||263.21
|含硫アミノ酸||15
|-
|ヒスチジン||2.20
|フェニルアラニン<br/>及びチロシン||25
|-
|トレオニイソロイシン||153.55
|-
|トリプトファロイシン||46.10
|-
|バリン||26
|}
;米国
米国医学研究所(2005)<ref name="IoM2005"/>では以下のようになっている。
{|class="wikitable sortable" style="text-align:center;"
|+アミノ酸の推奨摂取量(19歳以上)
|-
|ン||245.27
!アミノ酸!!RDA<br/>(mg/kg 体重/日)
|-
|ヒスオニン||141.77
|-
|フェニルアラニン<br/>及びチロシン||253.40
|イソロイシン||19
|-
|イシン||425.21
|-
|ン||383.52
|-
|トレオニン||3.02
|含硫アミノ酸||19
|-
|トリプトファン||0.91
|フェニルアラニン<br/>及びチロシン||33
|-
|トレオニチロシン||202.79
|-
|プトファン||53.99
|-
|バリン||24
|}
 
6,887

回編集