メインメニューを開く

差分

:登場作品:『ローグ・ワン』
: 熱帯の気候を持つ惑星。銀河帝国の建築物データが収集されているシタデル・タワーという機密情報センターがあり、惑星全体が強力なシールドに覆われ軌道上のゲート施設からしか出入できない。デス・スターの設計図をめぐり帝国軍と同盟軍との激しい攻防戦が展開された。
;{{Anchor|ミンバン}}(Mimban)
:登場作品:『[[スター・ウォーズ クローン・ウォーズ]]』『[[ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー]]』
: 銀河系のエクスパンション・リージョンに属する大規模な泥沼がある惑星。クローン戦争時代には共和国グランド・アーミーの部隊「マッドジャンパーズ」、銀河帝国時代には帝国軍の部隊「スワンプ・トルーパー」が配備されていた。
: 若きハン・ソロはカリダの帝国アカデミーを追放された後にミンバン戦役に参加している。後にソロはこの惑星に収監されていたウーキーのチューバッカ、クリムゾン・ドーンの運び屋のベケットらと共に帝国軍の輸送機を盗んで戦いから逃げ出した。
;{{Anchor|ケッセル}}(Kessel)
:登場作品:『[[スター・ウォーズ 反乱者たち|反乱者たち]]』『[[ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー]]』
: スパイスの輸出で名高い惑星。銀河帝国とパイク・シンジケートの管理下にあり、犯罪者やウーキーが奴隷として送り込まれていた。また、最下層にはコアクシウムという燃料が未精製の状態で保存されており、10BBYにはコアクシウムを狙ったハン・ソロやチューバッカ、キーラらクリムゾン・ドーンの運び屋たちが大量の奴隷を解放するという事件が起きた。
: また、4BBYには惑星ロザルを中心に活動する反乱組織「スペクターズ」によってウーキーの奴隷が解放されている。
: 非正史での設定は幾つかの衛星を持った卵型惑星(実質小惑星)。銀河でここでしか見つからない高価なスパイス・グリッタースティムが生産される反面、銀河帝国の時代にはモー秘密研究所への出入り口として利用され、政治犯の強制収容所を設置し劣悪な環境下で彼らをスパイスの採掘作業に従事させているなど負の面も持つ。環境は非常に厳しく、常に放射線に曝されており、軌道上に対放射線シールドを配置することによって住民たちを守っている。しかし、この星自体が大変小さく、地表付近に大気を留めることができず、地殻を構成する鉱物から酸素と二酸化炭素を放出することによってこれを補っているため、簡単な宇宙服がなければ外出することができない。また、この星の出身であることを差別する者もいる。エンドアの戦いで帝国軍が敗れた後は反乱同盟軍の勢力下に入り、ニエン・ナンによってドロイドを使用したスパイス採掘が行われている。
: 劇中では名前しか登場しなかったために、ナムコ(後の[[バンダイナムコゲームス]])がリリースした[[ファミリーコンピュータ|ファミコン]]ソフト『[[スター・ウォーズ (ナムコ)|スター・ウォーズ]]』では山の惑星になっており、[[ツタンカーメン]]のような像がある。[[NINTENDO64]]の『[[スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊]]』では帝国の捕虜収容所があり、捕虜となった仲間達の救助をすることになる。また、惑星カイル2のステージで撃墜され、生き残るも捕虜となったウェッジ・アンティリーズの処刑が行われそうになったが、ルーク・スカイウォーカー、ゼヴ・セネスカ、ケイサン・モアがウェッジを護送しているホバートレインの動きをイオン砲で停止させ、救出することに成功している。
: 主な出身者は、ジェダイの王子でパルパティーンの孫であるケン、パルパティーンの息子を名乗った残忍な三目のペテン師、最高位奴隷主でもあったトライオキュラス。
 
===アニメシリーズに登場した惑星===
匿名利用者