「結婚活動」の版間の差分

編集の要約なし
(愛媛県によるAI婚活仲介等について加筆しました。)
== 日本 ==
=== 「婚活」の概要 ===
[[日本]]においては、結婚を目指して[[恋愛]]相手を自力で探したり、[[見合い]]や[[結婚相談所]]を利用したりすることは[[2000年代]]以前から行われていた。
 
「婚活」は[[就職活動]](就活)に見立てて[[社会学]]者、[[山田昌弘]]が考案、提唱した[[造語]]である。言葉の初出は『[[AERA]]』2007年11月5日号<ref name="konkatsujidai">山田昌弘、[[白河桃子]]『「婚活」時代』[[ディスカヴァー・トゥエンティワン]]〈ディスカヴァー携書〉、2008年、ISBN 4887596235</ref>。ちなみに、山田は後に[[白河桃子]]と『「婚活」時代』を執筆。動機として「日本の結婚の実態を明らかにし、“結婚できないけれどしたい”という人をサポートすることが必要だと思った」<ref>「結婚できない男女が増加 今後は「婚活(こんかつ)」が必須に 『「婚活」時代』の著者、家族社会学者の山田昌弘氏に聞く」『日経ビジネスオンライン』2008年3月12日付配信より引用</ref>とインタビューで答えている。一方共著の白河桃子は婚活は限界に迎えていると説いている(後述)。
 
=== 批判 ===
[[橋爪大三郎]][[東京工業大学]][[教授]](社会学)は、「就職活動の連想で『婚活』が出てきたことに、奇妙なものを感じる」「本来、恋愛から結婚への過程は千差万別。それを他人に用意されたパッケージで、リスクを取らず最小限の労力で済まそうなんて、信じられません。クローゼットの洋服を選ぶ感覚で結婚相手を決める発想は勘違いだよと言いたい」「あの世に旅立った[[忌野清志郎|キヨシロー]]じゃないが、婚活に血道を上げる連中に聞いてみたい。「愛し合ってるかい?」と。彼らに「恋愛」の2文字はみじんも感じない。あるのは「計算」だけ。「草食系」などとチヤホヤするな。もっとガツガツ「肉」を食え、もっと恋をしようではないか。」「『恋愛結婚』が定着したのは、[[1960年]]前後。まだ、社会全体が恋愛に慣れていないのです。結婚制度の変化に多くの人が戸惑っているのが現状で、独身でいることは、そんな自分に正直に生きた結果でもある。結婚する、しないは個人の自由。その意思は尊重されるべき」等々と批判する(「婚カツ!」参考URL参照)。
 
[[2010年]][[3月5日]]の『[[朝日新聞]]』において、マスコミや有識者達が婚活ブームを煽り、「必ず結婚しなければならない」「結婚しなければ[[孤独死]]が待っている」と不安にさせ、それを[[ストレス]]に感じている人達がいるという「婚圧]」が紹介された。
 
==== 女性の願望と現実 ====
 
== 中国 ==
[[華人民共和|中国]]ではかつての[[一人っ子政策]]の影響で男女の人口比が大きく崩れており、社会問題となっている<ref name="AFPBB2009">{{cite web|url=http://www.afpbb.com/articles/-/2599007|title=北京の「婚活」は公園で|date=2009年5月3日 |accessdate=2017年6月5日 |author=AFP BB}}</ref>。
 
中国ではお見合いイベントが屋外の公園などで開催されることも多い<ref name="AFPBB2009" />。
 
== 北米 ==
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]では世界的ネット企業であるMatchグループがOKCupid、Match.com、Tinderといったデーティングサービスを展開している<ref name="techcrunch" />。北米では2010年代半ばには3人に1人が[[インターネット]]上で知り合った人と結婚しているという統計がある<ref name="techcrunch">{{Cite news|url=http://jp.techcrunch.com/2016/04/12/japan-dating-summit/|title=ネット婚活ブレークの兆しか―初開催のJapan Dating Summitで関係者が語る|publisher=TechCrunch|date=2016-04-12|accessdate=2018-03-02}}</ref>。
 
アメリカではオンライン・デーティングサービスを利用していることを周囲に言わない人が多かったが、デーティングサービスの運営者がテレビCMに教師、医師、弁護士などを多く起用したことによって利用者間で変化が起こったとされている<ref name="techcrunch" />。
 
=== 限定 ===
差別化を図るため職業や年収・あるいは参加者の趣味や嗜好を限定した仲介活動やイベントも多い。[[自衛官]]や[[警察官]]、[[弁護士]]や会社経営者など職種が細かく設定されていたり、[[スポーツ]]や[[アニメ]]など趣味別、50代以上やバツイチ([[離婚]]経験者)など婚活では不利とされる条件の人間を対象としたりする仲介事業もある。
 
== 結婚活動がテーマの作品 ==
=== テレビドラマ ===
* [[コンカツ・リカツ]]([[日本放送協会|NHK]]、2009年)
** 書籍『「婚活」時代』を原案としたドラマ作品。[[アラフォー]]女性の結婚活動を描いている。
* [[婚カツ!]]([[フジテレビジョン|フジテレビ]]、2009年)
** [[草食男子|草食系]]と呼ばれる男性の結婚活動を描いたドラマ作品。
* [[早子先生、結婚するって本当ですか?]](フジテレビ、2016年)
** 同名の漫画が原作。小学校の女性教諭が結婚活動を実践する。
 
== 脚注 ==
* [[少子化]]
* [[カップリングパーティー]]
* [[コン]]
* [[首都圏連続不審死事件]]