メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''システムエンジニア'''(Systems Engineer:SE)は、[[情報システム]]の企画、設計、開発等に携わるIT技術者、[[ITエンジニア]]を指す。
 
== 用語概要 ==
=== 概要広義 ===
本来、英語における「[[システム]]」とは「相互に影響を及ぼしあう要素から構成される系、体系、機構」といったような意味で<ref>JIS Z 8115 では、「所定の任務を達成するために、選定され、配列され、互いに連係して動作する一連のアイテム(ハードウェア、ソフトウェア、人間要素)の組合せ。」と定義している。</ref>、様々な分野で使われる語だが、この和製英語でいう「システムエンジニア」が対象とする「システム」はもっぱら[[情報システム]]のみである。また、本来、語として対応してしかるべき「[[システム工学]](systems engineering)」の内容とも基本的に関係ない。
システムエンジニアは[[情報処理技術者]]、IT技術者、[[ITエンジニア]]等の意味で使用される。[[情報システム]]領域における[[コンサルタント]]、[[アーキテクト]]、[[プロジェクトマネージャ]]や、「[[プラットフォーム]]」「[[ネットワーク]]」「[[データベース]]」「[[アプリケーション共通基盤]]」「[[システム管理]]」「[[情報セキュリティ]]」等の専門分野における[[ITスペシャリスト]]が該当する。
 
=== 狭義 ===
日本で言う「システムエンジニア」「SE」は和製英語と考えられ、国際的には一般に通じない。英語圏にもSystems Engineer<ref>{{Cite web
日本の情報システム会社では通常、コンピューターシステムやコンピューターソフトウェアの設計等携わる技術者とう意味で使用されおり<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2?dic=daijisen&oid=08015700 デジタル大辞林]</ref>、プログラムの設計図とも言え仕様書の作成者として使に携人を指す場合が多いものの<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2?dic=daijirin&oid=DJR_SISUTEMU_-010-_ENNZINIA_-01 大辞林 第3版]</ref>。また、プログラムの上位に居て、管理する「プロジェクトマネージャー」として存在する例もある<ref>プロジェクトに携わるシステムエンジニアの中で、リーダーを定める。この時定めたシステムエンジニアをプロジェクトマネージャーと称する</ref>。また、技術営業として存在する例もある<ref name ="20dai">[https://books.google.co.jp/books?id=g7_YBZBpVjAC&pg=PA60#v=onepage&q&f=false 「SEが20代で身につけておきたいこと」(技術評論社/googleブックレビューP60)]</ref><ref name="karyuu">[http://el.jibun.atmarkit.co.jp/karyu/2008/10/sepg2-0e2d.html エンジニアライフ「下流から見たIT業界」(atmarkIT)]</ref>。
|url = http://money.cnn.com/magazines/moneymag/bestjobs/2009/
|title = Best Jobs 2009 - Salary and Job Market Information - from Money Magazine
|accessdate = 2010-05-22}}{{リンク切れ|date=2018-1}}</ref>と呼ばれる職務があるものの、これは文字通り[[システム工学]](Systems engineering; システムズ・エンジニアリング)にかかわる技術者を指すものであり、日本で「SE」と呼ばれる人々とは一般的に重ならない{{要出典|date=2015年3月}}。英語圏において似たような職種を指す表現としては、ソフトウェアエンジニア、ソフトウェア開発者、プログラマー、ハードウェア技術者などが挙げられる。
 
日本では通常、コンピューターシステムやコンピューターソフトウェアの設計等に携わる技術者という意味で使用されており<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2?dic=daijisen&oid=08015700 デジタル大辞林]</ref>、プログラムの設計図とも言える「仕様書」の作成に携わる人を指す場合が多い<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2?dic=daijirin&oid=DJR_SISUTEMU_-010-_ENNZINIA_-01 大辞林 第3版]</ref>。[[経済産業省]]の統計では「ソフトウェア業務従事者」の分類として、「システムエンジニア」や「プログラマ」等を使用している<ref>[http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabizi/result-2/h18/pdf/h18-t-all.pdf 平成18年特定サービス産業実態調査 - 通商産業省]</ref>。
 
また契約の形態を表す語として「[[システムエンジニアリングサービス契約]]」というものがある。
 
なお、コンピュータの学会[[Association for Computing Machinery]](ACM)がまとめている「コンピュータに関する学位とキャリアについての報告」において「SE」と略されているのはSoftware Engineeringであり<ref>http://computingcareers.acm.org/?page_id=12</ref>、[[文部科学省|文科省]]と[[国立情報学研究所]]によって進められている技術者教育プログラム「トップエスイー」の「SE」はSoftware Engineers<ref>http://www.topse.jp/ のロゴを参照</ref>の略とされている。
 
== 概要 ==
日本においては、プログラムの設計図たる仕様書の作成者として使われる例が多いものの、プログラムの上位に居て、管理する「プロジェクトマネージャー」として存在する例もある<ref>プロジェクトに携わるシステムエンジニアの中で、リーダーを定める。この時定めたシステムエンジニアをプロジェクトマネージャーと称する</ref>。また、技術営業として存在する例もある<ref name ="20dai">[https://books.google.co.jp/books?id=g7_YBZBpVjAC&pg=PA60#v=onepage&q&f=false 「SEが20代で身につけておきたいこと」(技術評論社/googleブックレビューP60)]</ref><ref name="karyuu">[http://el.jibun.atmarkit.co.jp/karyu/2008/10/sepg2-0e2d.html エンジニアライフ「下流から見たIT業界」(atmarkIT)]</ref>。
 
# プログラマの上位者としてのSE
実際には、1、2、3いずれかを兼任、あるいはすべて兼任する場合があるが、システムエンジニアという言葉の意味を明確に定義するものは存在せず、その職務範囲は企業や団体によってまちまちである。そのため、上記以外にも使用例としては少ないものの様々な用法があると推察されるが、おおまかには、情報システムまたはソフトウェア開発の[[要求定義]]、設計、開発、[[システム運用|運用]]などや、それらを統括管理する[[ソフトウェアプロジェクト管理|プロジェクトマネジメント]]などに従事する者がシステムエンジニアと呼ばれる傾向がある<ref name="20dai"/>。
 
また企業によっては、比較的単純なプログラミングが中心の「プログラマ」よりも上位で、高度な設計を行う「[[アーキテクト]]」よりは下位の職位をあらわす名称として使っている<ref name="20dai"/>。契約の形態を表す語として「[[システムエンジニアリングサービス契約]]」というものがある
 
== 和製英語 ==
本来、英語における「[[システム]]」とは「相互に影響を及ぼしあう要素から構成される系、体系、機構」といったような意味で<ref>JIS Z 8115 では、「所定の任務を達成するために、選定され、配列され、互いに連係して動作する一連のアイテム(ハードウェア、ソフトウェア、人間要素)の組合せ。」と定義している。</ref>、様々な分野で使われる語だが、この和製英語でいう「システムエンジニア」が対象とする「システム」はもっぱら[[情報システム]]のみである。また、本来、語として対応してしかるべき「[[システム工学]](systems engineering)」の内容とも基本的に関係ない。
 
日本で言う「システムエンジニア」「SE」は和製英語と考えられ、国際的には一般に通じない。英語圏にもSystems Engineer<ref>{{Cite web
|url = http://money.cnn.com/magazines/moneymag/bestjobs/2009/
|title = Best Jobs 2009 - Salary and Job Market Information - from Money Magazine
|accessdate = 2010-05-22}}{{リンク切れ|date=2018-1}}</ref>と呼ばれる職務があるものの、これは文字通り[[システム工学]](Systems engineering; システムズ・エンジニアリング)にかかわる技術者を指すものであり、日本で「SE」と呼ばれる人々とは一般的に重ならない{{要出典|date=2015年3月}}。英語圏において似たような職種を指す表現としては、ソフトウェアエンジニア、ソフトウェア開発者、プログラマー、ハードウェア技術者などが挙げられる。
 
== ソフトウェアエンジニアとの関係 ==
なお[[経済産業省]]の統計では「ソフトウェア業務従事者」の分類として、「システムエンジニア」や「プログラマ」等を使用している<ref>[http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabizi/result-2/h18/pdf/h18-t-all.pdf 平成18年特定サービス産業実態調査 - 通商産業省]</ref>。また、コンピュータの学会[[Association for Computing Machinery]](ACM)がまとめている「コンピュータに関する学位とキャリアについての報告」において「SE」と略されているのはSoftware Engineeringであり<ref>http://computingcareers.acm.org/?page_id=12</ref>、[[文部科学省|文科省]]と[[国立情報学研究所]]によって進められている技術者教育プログラム「トップエスイー」の「SE」はSoftware Engineers<ref>http://www.topse.jp/ のロゴを参照</ref>の略とされている。
 
== 関連項目 ==
487

回編集