「少弐氏」の版間の差分

守護大名は室町時代からとされる
(守護大名は室町時代からとされる)
武藤資頼は[[平知盛]]に仕えた[[平家]]の武将であったが、[[一ノ谷の戦い]]の時に[[源氏]]方に投降し、その後、許されて[[源頼朝]]の家人となる。平家滅亡後、大宰少弐に任じられ、平家方であった九州の武家に対する鎌倉方の抑えとして、[[鎮西奉行]]をはじめ、北九州諸国の守護となる。この頼朝による抜擢が、その後の少弐氏の興隆のきっかけである。
 
資頼の子[[少弐資能]]の代より、少弐を姓として定常的に用いるようになる。[[鎌倉時代]]の[[文永]]11年([[1274年]])、[[弘安]]4年([[1281年]])に[[元寇]]が起こり、資能は大宰府の責任者として子の[[少弐経資]]や[[少弐景資]]らとともに日本軍の先頭に立ち、[[元 (王朝)|元]]の大軍と戦うこととなる。弘安の役の際には経資の子の[[少弐資時]]が[[壱岐国|壱岐]]で戦死、資能自身も戦闘の際に蒙った傷で死去するなど、一族として大きな犠牲を払うこととなった。こうした功もあり、戦後には[[筑前国|筑前]]・[[豊前国|豊前]]・[[肥前国|肥前]]・[[壱岐国|壱岐]]・[[対馬国|対馬]]など北部九州における最大の[[守護大名]]にまで成長して、少弐氏の最盛期を築き上げた。
 
=== 鎌倉時代後期 ===
317

回編集