「ざる」の版間の差分

→‎概説: 固体液体気体を分離するものとしてふるい、ざる、かごの説明を加筆した。
(→‎概説: 固体液体気体を分離するものとしてふるい、ざる、かごの説明を加筆した。)
 
なお、同様の道具でもある程度深いものは[[籠]](かご)と呼ばれる事が多いが、あまり厳密な区別はなされていない。水切りなどの目的で一時的に食材を乗せる用途のものを「ざる」と呼び、保存などの目的で一定期間内容物を入れておくためのものを「かご」と呼ぶとする人もいる。このほか類似の器具に、[[篩]](ふるい)がある。
 
[[篩]](ふるい)とざる、[[籠]](かご)は用途によって区別されるものであるが、「ふるいは固体を」「ざるは液体を」「かごは気体を」分離しているという見方もできる。
 
== 用途 ==
326

回編集