「ブランドン・リオス」の版間の差分

編集の要約なし
[[2011年]]2月26日、[[ラスベガス]]の[[パームス]]内ザ・パールでWBA世界ライト級王者[[ミゲル・アコスタ]]([[ベネズエラ]])に指名挑戦者として挑戦し、合計3度のダウンを奪った末に最後はアコスタ陣営のタオル投入のストップによる10回TKO勝ちを収めて、無敗のまま世界王座奪取に成功した<ref>[http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2011/02/blog-post_7982.html リオス劇的ベルト奪取 WBAライト級] ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月27日</ref>。
 
2011年7月9日、[[カリフォルニア州]]の[[スタブハブ・センター|ホーム・デポ・センター・テニスコート]]でウルバノ・アンティロン([[メキシコ]])と戦い、3回2分39秒TKO勝ちを収めWBA世界ライト級王座の初防衛に成功した。
 
2011年12月3日、[[マディソン・スクエア・ガーデン]]にて[[ミゲール・コット]]対[[アントニオ・マルガリート]]の前座で[[ジョン・マレー (ボクサー)|ジョン・マレー]]([[イギリス]])と対戦しWBA世界ライト級王座の2度目の防衛を目指す予定だったが前日計量でリオスに[[体重超過]]があり王座を剥奪されたため<ref>[http://latimesblogs.latimes.com/sports_blog/2011/12/brandon-rios-wba-lightwight-belt-stripped.html Brandon Rios of Oxnard has WBA lightwight belt stripped] [[ロサンゼルス・タイムズ]] 2011年12月2日</ref>、リオスが勝てば王座は空位となりマレーが勝てば新王者となる条件で試合は行われ、リオスが11回TKO勝ちを収めたため王座は空位となった<ref>[http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/boxing/16021806.stm John Murray loses world title fight to Brandon Rios] [[BBCスポーツ]] 2011年12月4日</ref>。
 
[[2012年]]4月14日、ラスベガスの[[マンダレイ・ベイ・イベント・センター]]でWBA世界ライト級[[暫定王座|暫定王者]]の[[リカルド・アブリル]]([[キューバ]])とWBA世界ライト級王座決定戦を行う予定だったがまたも前日軽量でリオスに[[体重超過]]があり失格となっていた為、アブリルが勝った時のみ新王者になるという条件での試合となり、リオスが12回2-1(111-117、116-112、115-113)の判定勝ちを収めた為、WBA世界ライト級暫定王座も空位となったかに思われたが、WBAが後日その試合を検証し、同年4月16日、正規王座を空位のままにし、アブリルに暫定王座を差し戻すことを明らかにした<ref>[http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2012/04/blog-post_15.html リオス判定に救われる アブリールに辛勝] ボクシングニュース「Box-on!」2012年4月15日</ref>。
 
2012年10月13日、カリフォルニア州の[[スタブハブ・センター#テニスコート|ホーム・デポ・センター・テニスコート]]で[[世界ボクシング機構|WBO]]世界[[スーパーライト級]]1位の[[マイク・アルバラード]](アメリカ)とWBOラテンアメリカスーパーライト級王座決定戦を行い、7回1分57秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した<ref>[http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2012/10/blog-post_3686.html 激闘! リオス、アルバラードをTKO] ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月14日</ref>。
 
[[2013年]]3月30日、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベント・センターでWBO世界スーパーライト級2位のマイク・アルバラードとWBO世界スーパーライト級暫定王座決定戦を行い、5ヵ月ぶりの再戦で雪辱を許すと共にプロ初黒星となる12回0-3(2者が113-115、113-114)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した<ref>[http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/03/blog-post_31.html アルバラード、リオスに雪辱 3-0判定勝ち] ボクシングニュース「Box-on!」 2013年3月31日</ref>。
6,115

回編集