「ネイサン・ローゼン」の版間の差分

編集の要約なし
'''ネイサン・ローゼン'''(Nathan Rosen, [[1909年]][[3月22日]] - [[1995年]][[12月18日]])は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[ニューヨーク|ニューヨーク市]]出身の[[イスラエル]]の[[物理学者]]である。
 
[[1935年]]に[[フィジカルレビュー]]に掲載された[[EPRパラドックス]]に関する論文の共著者として知られるほか、[[一般相対性理論]]における'''[[アインシュタイン-ローゼン橋|アインシュタイン-ローゼン・ブリッジ]]'''([[ワームホール]])の共同発見者でもある<ref>[http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52177101.html ワームホールを利用した宇宙旅行は実現するのか?可能性はあり。(各国研究) - エキサイトニュース]</ref>。
 
1941年から[[ノースカロライナ大学]]の教授を務め、1953年から[[イスラエル]]の[[ハイファ]]にある[[イスラエル工科大学|テクニオン工科大学]]教授として創設にたずさわり、テクニオン工科大学ではローゼンの名前を冠した連続講義が行われている。
3,356

回編集