「蛍光灯」の版間の差分

節移動(歴史へ、など)。外部リンク節除去(メーカー節へ)。何の「備考節」->階層変更。のみ。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(節移動(歴史へ、など)。外部リンク節除去(メーカー節へ)。何の「備考節」->階層変更。のみ。)
* [[1995年]]:世界で初めて残光形蛍光ランプ「[[ホタルック]]」を[[日本電気ホームエレクトロニクス]]が製作した。
* [[1999年]]:二重環形蛍光ランプ「ツイン[[パルック]]」を[[パナソニック|松下電気産業(現・パナソニック)]]が製作した([[1997年]]に発売開始との説明もある)。
 
=== 近年の動向 ===
近年は蛍光灯より消費電力が少なく、かつ長寿命でランプ交換も不要な[[LED照明]]が急速に普及している。このため国内大手電機メーカー各社は蛍光灯照明器具の新製品発表を2012年以降取りやめており([[乾電池]]や充電式電池で駆動するアウトドア[[ランタン]]はLEDへほぼ完全移行し、蛍光灯を用いるランタンの生産は終了)、中でも照明器具国内シェア首位のパナソニックは国内大手のトップを切って「2015年度を以て蛍光灯及び[[白熱電球]]を用いる一般住宅向け従来型照明器具生産を終了し、今後はLED器具へ完全移行(蛍光ランプ及び電球型蛍光ランプは交換用途のみに絞って生産を継続)する」旨を公式発表した(2014年3月4日付、[[朝日新聞]]経済面記事にて報道。なお卓上型の電球&蛍光灯器具生産は2011年限りで終了しLEDへ完全移行)。こうした「脱蛍光灯」の動きは今後国内他社にも広がる可能性がある。なお白熱電球生産は(一部特殊用途を除き)2012年度を以て国内メーカー全社が完全終了した。
 
従来型蛍光ランプ(Hf器具専用スリム管も含む)・[[点灯管]]・ミニクリプトン電球は現在「交換用途に絞って」生産が継続されている。
 
2015年11月26日の複数の報道で、日本政府が[[エネルギーの使用の合理化等に関する法律|省エネ法]]の政令を改正し、2020年度をメドに蛍光灯や白熱灯の生産や輸入を実質的に禁止する方向であると報じられたが<ref>{{Cite news|date = 2015年11月26日|newspaper = YOMIURI ONLINE 経済|title = 蛍光灯なくなる?政府、照明の省エネ基準強化へ|url = http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151126-OYT1T50188.html|accessdate = 2015-11-28}}</ref><ref>{{Cite news|date = 2015年11月26日|newspaper = 朝日新聞デジタル|title = 蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換|url = http://www.asahi.com/articles/ASHCT5JHKHCTULFA021.html|accessdate = 2015-11-28}}</ref><ref>{{Cite news|date = 2015年11月27日|newspaper = 東京新聞 TOKYO Web【経済Q&A】|title = 蛍光灯の製造規制へ LED化促進、課題は|url = http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2015112702000210.html|accessdate = 2015-11-28}}</ref>、[[経済産業省]]によりこれらを一律に禁止するものではないとして報道内容を否定された<ref>{{Cite web|date = 2015年12月8日|publisher = [[経済産業省]]|title = 【60秒解説】「蛍光灯は禁止?」の誤解|url = http://www.meti.go.jp/main/60sec/2015/20151208001.html|accessdate = 2015-12-14}}</ref>。
 
== 構造 ==
:*アイライン(スターター・ラピットスターター)
:*アイルクス(Hf)
[[フィリップス]]<br>
[[オスラム]]<br>
[[GEライティング]]<br>
 
; [[フィリップス]]<br>
== 備考 ==
; [[オスラム]]<br>
; [[GEライティング]]<br>
 
=== 備考 ===
:※直管(FL・FHF)型蛍光灯の場合、メーカー・種類・光色表記が[[パナソニック ライティングデバイス]]・[[三菱電機照明]]・[[NECライティング]]製品は左側に、[[東芝ライテック]]・[[日立アプライアンス]]製品は右側にそれぞれ書かれている。
: なお、表記中のME、TSP、HLK、SOC、N(「▲▼」のような表記)、PRINCE.D.(またはIWASE.P.D.、もしくはNSD)はそれぞれ実際の製造メーカーである[[パナソニック ライティングデバイス]]、東芝ライテック、[[日立アプライアンス]]、三菱電機照明、NECライティング、[[プリンス電機]]を指している。そのため、たとえばメーカーがNECでもMEと表記されていれば[[パナソニック ライティングデバイス]]が製造した製品ということがわかる。
60W型相当の[[電球形蛍光灯]](消費電力13Wで計算)は、定格寿命は約6,000 - 13,000時間。価格は300円 - 1,500円弱(一部の100円ショップでも見られるようになったが、寿命は約3,000 - 8,000時間)。白熱電球の約10倍。
 
== 近年の動向メーカー ==
* [https://panasonic.co.jp/es/pesld/ [パナソニック ライティングデバイス株式会社]]
近年は蛍光灯より消費電力が少なく、かつ長寿命でランプ交換も不要な[[LED照明]]が急速に普及している。このため国内大手電機メーカー各社は蛍光灯照明器具の新製品発表を2012年以降取りやめており([[乾電池]]や充電式電池で駆動するアウトドア[[ランタン]]はLEDへほぼ完全移行し、蛍光灯を用いるランタンの生産は終了)、中でも照明器具国内シェア首位のパナソニックは国内大手のトップを切って「2015年度を以て蛍光灯及び[[白熱電球]]を用いる一般住宅向け従来型照明器具生産を終了し、今後はLED器具へ完全移行(蛍光ランプ及び電球型蛍光ランプは交換用途のみに絞って生産を継続)する」旨を公式発表した(2014年3月4日付、[[朝日新聞]]経済面記事にて報道。なお卓上型の電球&蛍光灯器具生産は2011年限りで終了しLEDへ完全移行)。こうした「脱蛍光灯」の動きは今後国内他社にも広がる可能性がある。なお白熱電球生産は(一部特殊用途を除き)2012年度を以て国内メーカー全社が完全終了した。
* [[東芝ライテック]]
* [http://www.hitachi-ap.co.jp [日立アプライアンス株式会社]]
* [[三菱電機照明]]
* [http://www.nelt.co.jp/ [NECライティング株式会社]]
* [[三洋電機]]
* [[岩崎電気]]
* [[東光高岳]]
* [[プリンス電機]]
 
* [[フィリップス]]
従来型蛍光ランプ(Hf器具専用スリム管も含む)・[[点灯管]]・ミニクリプトン電球は現在「交換用途に絞って」生産が継続されている。
* [[オスラム]]
* [[GEライティング]]
 
== 脚注 ==
2015年11月26日の複数の報道で、日本政府が[[エネルギーの使用の合理化等に関する法律|省エネ法]]の政令を改正し、2020年度をメドに蛍光灯や白熱灯の生産や輸入を実質的に禁止する方向であると報じられたが<ref>{{Cite news|date = 2015年11月26日|newspaper = YOMIURI ONLINE 経済|title = 蛍光灯なくなる?政府、照明の省エネ基準強化へ|url = http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151126-OYT1T50188.html|accessdate = 2015-11-28}}</ref><ref>{{Cite news|date = 2015年11月26日|newspaper = 朝日新聞デジタル|title = 蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換|url = http://www.asahi.com/articles/ASHCT5JHKHCTULFA021.html|accessdate = 2015-11-28}}</ref><ref>{{Cite news|date = 2015年11月27日|newspaper = 東京新聞 TOKYO Web【経済Q&A】|title = 蛍光灯の製造規制へ LED化促進、課題は|url = http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2015112702000210.html|accessdate = 2015-11-28}}</ref>、[[経済産業省]]によりこれらを一律に禁止するものではないとして報道内容を否定された<ref>{{Cite web|date = 2015年12月8日|publisher = [[経済産業省]]|title = 【60秒解説】「蛍光灯は禁止?」の誤解|url = http://www.meti.go.jp/main/60sec/2015/20151208001.html|accessdate = 2015-12-14}}</ref>。
{{Reflist|group = 注}}
 
== 出典 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* 『現代 照明環境システム』石川太郎ほか共編、オーム社、1981年。
* 『サイリスタとその応用』橋本健著、日本放送出版協会、1972年。
 
== 脚注 ==
{{Reflist|group = 注}}
 
== 出典 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Fluorescent lamps}}
[[ファイル:Steel cage deathmatch with 200 fluorescent light tubes - Ryuji Ito vs. Yuko Miyamoto - Big Japan Pro Wrestling - May 4, 2010.JPG|200px|thumb|right|蛍光灯デスマッチ]]
* [[デスマッチ#蛍光灯デスマッチ|蛍光灯デスマッチ]] - 使用済み蛍光灯を使用して行う[[プロレス]]の試合。プロレス団体「[[大日本プロレス]]」が名物としている。
* [[RoHS]] - 蛍光灯はRoHS指令の例外措置として用途・形式によって特定値以下の水銀の含有が許容されている(適用除外用途一覧)。
* [[点灯管]] - 安定器を用いる従来型蛍光灯器具において蛍光灯を点灯させるための放電管、「グローランプ」とも呼ぶ。
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Fluorescent lamps}}
* [https://panasonic.co.jp/es/pesld/ パナソニック ライティングデバイス株式会社]
* [http://www.tlt.co.jp/index_j.htm 東芝ライテック株式会社]
* [http://www.hitachi-ap.co.jp 日立アプライアンス株式会社]
* [http://www.mitsubishielectric.co.jp/group/mlf/index.html 三菱電機照明株式会社]
* [http://www.nelt.co.jp/ NECライティング株式会社]
* [http://www.iwasaki.co.jp/ 岩崎電気株式会社]
* [http://www.tktk.co.jp/ 株式会社東光高岳]
* [http://www.prince-d.co.jp/ プリンス電機株式会社]
 
{{DEFAULTSORT:けいこうとう}}
21,463

回編集