「ポツダム」の版間の差分

リンク
(リンク)
[[ゲルマン民族]]の[[民族移動時代]]後、[[スラヴ人]]が[[7世紀]]頃にHevelli部族の移住として入って来た。[[神聖ローマ帝国]]皇帝[[オットー3世 (神聖ローマ皇帝)|オットー3世]]が土地を[[クヴェードリンブルク]]の修道院に授与した際、[[993年]]の文献にPoztupimiとして初めて記述されている<ref>August Kopish, "Die Königlichen Schlösser u. Gärten zu Potsdam", Berlin, 1854, p. 18 </ref>。[[1317年]]までは小さな町として記述されていた。[[1345年]]に都市特権を得た。[[1573年]]のポツダムは、人口2,000人程度の小さな市場町であった。[[三十年戦争]]によって、ポツダムは人口の半分近くを失った。
 
ポツダムの命運が劇的に変わったのは、[[1660年]]に[[ブランデンブルク=プロイセン]]の[[選帝侯]][[フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)|フリードリヒ・ヴィルヘルム]]の狩猟館として選ばれてからである。その後、[[ホーエンツォレルン家]]の宮殿が置かれるなどブランデンブルク=プロイセンの拠点の一つとして発展した。[[1685年]]、[[フランス]]で[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]が[[ナントの勅令]]([[1598年]]に定められていた宗教寛容令)を廃止して[[ユグノー]]の迫害を図ると、フリードリヒ・ヴィルヘルムは{{仮リンク|[[ポツダム勅令 (プロイセン1685年)|en|Edict of Potsdam|label=ポツダム勅令}}]]を発した。これにより、ポツダムはヨーロッパ移民の中心地となった。フランスのユグノーの亡命者のほか、[[ロシア]]、[[オランダ]]、[[ボヘミア]]などから、移民がやってきた。移民をひきつけたのは、勅令によるその宗教的な自由度である。
 
壮大な建造物は、[[18世紀]]半ば、主に[[フリードリヒ2世 (プロイセン王)|フリードリヒ2世]]の治世の間に建てられた。そのうちの一つが、[[庭園]]と[[ロココ様式]]の内装で有名な[[サンスーシ宮殿]]である。他には、{{illm|新宮殿 (ポツダム)|en|New Palace (Potsdam)|label=新宮殿}}や{{illm|オランジェリー宮殿|en|Orangery Palace}}がある。