「ミュンヘン音楽・演劇大学」の版間の差分

初代[[ハンス・フォン・ビューロー]]を学長に迎えて以来、ピアニスト、教育者として日本にも多数の弟子がいる[[クラウス・シルデ]]([[1988年]] - [[1991年]]在職)などを経て、現在は[[ベルント・レトマン]]が務めている。
 
同大学の現在の教授は、ピアノの[[ゲルハルト・オピッツ]]、[[アンドラーシュ・シフ]](Honorarprofessor)、チェロの[[ヴァルター・ノータス]]、ヴァイオリンの[[クリストフ・ポッペン]]、[[アナ・チュマチェンコ]]、ヴィオラの[[ハリオルフ・シュリヒティヒ]]、フルートの[[アンドラーシュ・アドリアン]]、指揮の[[ブルーノ・ヴァイル]]、リート解釈の[[ヘルムート・ドイチュ]]、声楽の[[クリスティアン・ゲルハーヘル]]等がいる。
 
現在のミュンヘン音楽・演劇大学の校舎は、かつては[[アドルフ・ヒトラー|ヒトラー]]のミュンヘンにおける[[総統官邸]]であり、隣にはナチス党本部[[褐色館]](de:Braunes Haus)があった。この校舎建物で[[ミュンヘン会談]]が開かれた。また授業の一部は、[[ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団]]が本拠を置く複合文化施設[[ガスタイク]]でも行われる。
1

回編集