「766」の版間の差分

→‎性質: 異なる3つの平方和6通りを記述
(→‎性質: 頁を校正)
(→‎性質: 異なる3つの平方和6通りを記述)
* 766 = 10<sup>2</sup> + 15<sup>2</sup> + 21<sup>2</sup>
**3連続[[三角数]]の[[平方和]]で表せる数である。1つ前は[[361]]、次は1450。
*766 = 1<sup>2</sup> + 6<sup>2</sup> + 27<sup>2</sup> = 1<sup>2</sup> + 18<sup>2</sup> + 21<sup>2</sup> = 3<sup>2</sup> + 9<sup>2</sup> + 26<sup>2</sup> = 6<sup>2</sup> + 17<sup>2</sup> + 21<sup>2</sup> = 9<sup>2</sup> + 18<sup>2</sup> + 19<sup>2</sup> = 10<sup>2</sup> + 15<sup>2</sup> + 21<sup>2</sup>
** 異なる3つの[[平方数]]の和として6通りに表すことができる28番目の数である。1つ前は[[755]]、次は[[773]]。({{OEIS|A025344}})
 
==その他 766 に関連すること==