「不時着時の姿勢」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
しかし、実際には緊急着陸時の姿勢をとることで生存率が高まることが実証されている。飛行機が木にぶつかる寸前に、乗客の一人が異変に気づき緊急着陸時の姿勢をとったため助かったという事例がある。他の乗客が全員眠りについている際の出来事で、睡眠中だった乗客は全員死亡している<ref>{{cite web|url=http://www.casa.gov.au/airsafe/trip/emergen.htm |title=In an emergency |publisher=Australian Government, Civil Aviation Safety Authority |accessdate=2011-01-21}}</ref>。[[スカンジナビア航空751便墜落事故]]では、乗客全員が緊急着陸時用の姿勢をとっていたため助かったといわれている<ref>{{cite web|url=http://www.warman.demon.co.uk/anna/brace.htm |title=Brace |publisher=Warman.demon.co.uk |accessdate=2011-01-21}}</ref>。
 
2009年1月15日に起きたUSエアウェイズ1549便のいわゆる[[USエアウェイズ1549便不時着水事故|ハドソン川の奇跡]]では、ハドソン川に緊急不時するまで3分もなかったため<ref>{{cite news|url=http://www.cnn.com/2009/US/01/15/new.york.plane.crash/ |title=Airplane crash-lands into Hudson River; all aboard reported safe |publisher=CNN.com |date=2009-01-15 |accessdate=2011-01-21}}</ref>、機長は「衝撃に備えて下さい({{en|Brace for Impact.}})」と指示しただけにとどまる一方、客室乗務員は「身構えて! 身構えて! を下げて! 席を立たないで! ({{en|Brace! Brace! Heads down! Stay down!}})」と繰り返した<ref>{{cite web |url=http://www.usatoday.com/news/nation/2009-10-12-miracle_N.htmand |title=アーカイブされたコピー |accessdate=2012年4月6日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20120323032318/http://www.usatoday.com/news/nation/2009-10-12-miracle_N.htmand |archivedate=2012年3月23日 |deadlinkdate=2017年9月 }}</ref>。このため乗員・乗客155人は重傷を負わずに済んだ。
 
==安全のしおり==
匿名利用者