「加藤文太郎」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''加藤 文太郎'''(かとう ぶんたろう, [[1905年]][[3月11日]] - [[1936年]][[1月5日]])は、[[大正]]から[[昭和]]にかけての[[登山家]]。 [[兵庫県]][[美方郡]][[新温泉町]]出身。
 
複数の同行者が協力し、パーティーを作って登るのが常識とされる山岳界の常識を覆し、'''単独行'''によって数々の登攀記録を残した。[[登山]]に対する精神と劇的な生涯から、小説([[新田次郎]]著「[[孤高の人]]」)やドラマのモデルとなっている。
6,588

回編集