「TMS9918」の版間の差分

他言語の方ではきちんと記述が有るのですが、放置されていた齟齬の最低限の修正。
(曖昧さ回避: PCG)
(他言語の方ではきちんと記述が有るのですが、放置されていた齟齬の最低限の修正。)
'''TMS9918'''は[[テキサス・インスツルメンツ]](TI)社製の画面表示プロセッサー([[VDP]])。
 
元々は[[19811979年]]に発売された同社の[[:de:Texas_Instruments_TI-99/4|TI-99/4A4]]に搭載するために開発された表示プロセッサである。[[1981年]]に[[TI-99/4A]]に搭載されたグラフィックモード2が追加された'''TMS9918A'''は、PALやRGB出力を持ったバリエーションの製品作られ、表示用の汎用パーツとして後述するような[[ゲーム機]]や低価格帯のパーソナルコンピュータに使われた。
狭義の意味ではTMS9918は初代を指すが、実際に外販され普及した物はTMS9918Aであることから、Aの付いた2世代目もTMS9918と呼ばれることが多く見られる。
 
上位互換チップとして、[[MSX]]パソコンで採用された[[V9938]]と[[V9958]]、[[セガ・マークIII]]の画像チップ315-5124がある。
匿名利用者