「ケロリン桶」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[File:Bathpail01.JPG|right|thumb|全国の銭湯や浴場で使われているケロリン桶、直径225mmの関東仕様]]
'''ケロリン桶'''(ケロリンおけ)は、日本全国の[[銭湯]]や[[公衆浴場]]で使用されている黄色い[[プラスチック]]製の[[湯桶]]。[[1963年]]に[[内外薬品]]株式会社の[[鎮痛薬]]'''[[ケロリン]]'''の広告媒体として製造が開始された。以降、[[公衆浴場]]([[銭湯]]や[[温泉街|温泉地]]、[[ゴルフ場]]、[[ユースホステル]]、[[民宿]]の浴場等)に置かれ、湯桶の定番として広く使われている。印刷がプラスチックの表面ではなく、内部に埋め込まれるキクプリントという技術を採用しているため文字が消えにくく、また頑丈であるため、別名「永久桶」と呼ばれると内外薬品は説明している<ref name="naigai-ph">[http://www.naigai-ph.co.jp/special/kerorin/yurai.html ケロリン桶の由来 - ケロリンファン倶楽部 | 内外薬品株式会社]</ref>。
 
== 歴史 ==
[[File:Spa Kinjyou, family bath, Kanazawa, Ishikawa Prefecture.jpg|right|thumb|石川県金沢市の[[金城温泉]]の家族風呂、ケロリン桶が見える]]
 
1963年、睦和商事の当時営業担当だった[[山浦和明]]社長が、[[北海道]]・[[登別温泉]]の風呂桶を見て、風呂桶に広告を付けるアイデアを考案し<ref name="naigai-ph" />、ケロリンの販拡を狙っていた内外薬品と独占契約を結んで、製造を開始した<ref name="sankei20130318">[http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130318/biz13031814230004-n1.htm 「ケロリン」の広告入り湯桶会社が資金ショートで経営破綻] - 産経ニュース [[2013年]]([[平成]]25年)[[3月18日]]</ref>。
 
匿名利用者