「ケロリン桶」の版間の差分

編集の要約なし
1963年、睦和商事の当時営業担当だった[[山浦和明]]社長が、[[北海道]]・[[登別温泉]]の風呂桶を見て、風呂桶に広告を付けるアイデアを考案し<ref name="naigai-ph" />、ケロリンの販拡を狙っていた内外薬品と独占契約を結んで、製造を開始した<ref name="sankei20130318">[http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130318/biz13031814230004-n1.htm 「ケロリン」の広告入り湯桶会社が資金ショートで経営破綻] - 産経ニュース [[2013年]]([[平成]]25年)[[3月18日]]</ref>。
 
1963年当時の銭湯は木製の湯桶を使用していたが、ちょうど木桶が衛生問題により合成樹脂製の桶に切り替わりつつある時期であり、素材にプラスチックを採用して衛生的で頑丈なケロリン桶は好評を博した。最初にケロリン桶が置かれたのは、[[東京駅]][[八重洲口]]にあった[[東京温泉]]であったが、全国に積極的な営業を掛けたことも奏効し、その後全国各地の銭湯に広まった<ref name="naigai-ph"/>。製造当初は白色の桶であったが、湯垢による汚れが目立ったため、後に黄色い桶に改められた<ref name="naigai-ph"/>。
 
=== 販売元の変更 ===
匿名利用者