メインメニューを開く

差分

** [[札幌市電]] 全線
* 民営バス事業者
** [[北海道中央バス]]
*** 一般路線:札幌市・石狩市・江別市・北広島市・千歳市・小樽市で運行する各市内線、および左記の自治体間・余市地区を運行する郊外路線
*** 高速バス:[[札樽線 (北海道中央バス)|高速おたる号、高速よいち号、高速いわない号、高速しゃこたん号、高速ニセコ号]]、高速とまこまい号<ref group="注" name="exp_muroran">[[共通乗車制度]]を採用する道南バス便では利用不可。</ref>、高速むろらん号<ref group="注" name="exp_muroran"/>、高速いわみざわ号、高速みかさ号、高速くりやま号、高速ゆうばり号、高速たきかわ号、高速しんとつかわ号、高速るもい号、高速ふらの号、新千歳空港連絡バス<ref group="注">共同運行している北都交通では利用不可。また、SAPICA定期券の利用不可。</ref>
 
なお、SAPICAをJR北海道で利用可能にするための協議は継続して行われているが、SAPICAとKitaca・Suica等との完全相互利用化及び電子マネー機能の完全相互利用、およびこれに伴う交通系ICカード全国相互利用サービスへの参加については具体化していない。札幌市ではICカードによる割引サービスのほか、将来的に図書の貸し出しといった公共サービス機能の導入を検討している。相互利用時の割引サービスの有無については、ICOCA(原則割引なし)とPiTaPa(導入各社ごとに多数の割引がある)の相互利用などで同様の事例があり、公共サービス機能についてもFeliCaのマルチアプリケーション機能の一つとして利用可能なため、システム側の改修により対応させることは可能である。
 
SAPICAが使える路線は、Suicaの「札幌エリア(SAPICAエリア)」となっている<ref>{{Cite web|url=http://www.jreast.co.jp/suica/pamphlet/suica/|title=JR東日本|Suicaご利用案内|accessdate=2018-07-23|website=www.jreast.co.jp|language=ja}}</ref>。
 
== サービス・機能 ==
** [[11月20日]] - モニター試験開始。
* [[2009年]]
** [[1月12日]] - モニター試験終了。
** [[1月30日]] - 札幌市営地下鉄全線でサービス開始。
** [[3月22日]] - 定期券発売機能がある緑色の券売機で、通勤SAPICA定期券が新規購入可能となる<ref>{{PDFlink|[http://www.sapica.jp/view/docs/sapica_info_20090309.pdf 地下鉄専用通勤SAPICA定期券が全駅で買える]}}、SAPICA公式サイト、2009年3月9日</ref>。
** [[12月4日]] - SAPICA専用改札機を順次導入。
* [[2011年]]
** [[2月3日]] - 発売枚数が20万枚を突破。
** [[3月18日]] - 電子マネーサービス開始。
** [[4月22日]] - 初のクレジットカード一体型SAPICAとなる、cloverSAPICAを発行開始。
** [[11月28日]] - 札幌市内の[[セイコーマート]]で利用可能開始<ref name="20111125_press"/>。
* [[2012年]]
** [[4月1日]] - [[大通駅|地下鉄大通駅]]構内の[[セブン-イレブン]]2店舗で利用開始<ref name="20120329_press">{{PDFlink|[http://www.sapica.jp/view/docs/20120329_press.pdf 地下鉄大通駅のセブン-イレブン(2店舗)におけるSAPICA電子マネーサービスの開始について]}} 札幌市交通局、2012年3月29日</ref>。
** [[12月1日]] - [[さっぽろ地下街]]で利用開始<ref>{{Cite web |date=2012-11-28 |url=http://www.sapica.jp/view/docs/2012112801_press.pdf |title=さっぽろ地下街で電子マネーサービスを開始します |format=PDF |accessdate=2012-12-04}}</ref>。
* [[2013年]]
** [[7月3日]] - [[さっぽろ駅]]・大通駅・[[すすきの駅]]構内のキヨスク5店舗で利用開始。
* [[2014年]]
** [[2月20日]] - バス・市電における定期券サービス、および福祉割引SAPICAのサービスを開始<ref name="20140110_press">{{PDFlink|[http://www.sapica.jp/view/docs/2014011001_press.pdf バス・路面電車でのSAPICA定期券サービス及び福祉割引SAPICAのサービス開始について] }} 札幌ICカード協議会(2014年1月10日) </ref>。
** [[5月20日]] - 北海道中央バスにおける利用エリアを拡大<ref>{{Cite press release|title=中央バスにおける SAPICA 利用可能エリアの拡大 及び中央バスカード・買物回数券の廃止について |url=http://www.chuo-bus.co.jp/information/images/1403240949.pdf |publisher=北海道中央バス株式会社 |date=2014-03-25 |format=PDF }}</ref>。
** [[8月20日]] - 記名サピカに札幌市内約40カ所の図書館の貸出券機能が加わる<ref name="hokkaido-np-2014-8-2"/>
*[[2015年]]
** [[3月23日]] - サピカ運用枚数が100万枚に達する<ref>{{Cite web |date=2015-03-24 |url=http://www.sapica.jp/view/docs/2015032402_press.pdf |title=サピカの運用枚数が100万枚を突破しました|format=PDF |accessdate=2015-04-28}}</ref>。
* [[2016年]]
** [[1月7日]] - 一定条件下でバス・市電から地下鉄に乗り継ぐ際、本来適用されるべき乗継割引が適用されず、運賃を過剰に収受していたことが発表された。この事象はバス・市電でのカード取扱を開始した2013年6月22日から、システムが改修される2015年12月25日までの約2年半に渡り発生しており、2,965人が影響を受けた<ref>{{Cite web|date = 2016-01-07|url = http://www.sapica.jp/view/docs/2016010701_press.pdf|title = 路面電車・バス車載機に係る乗継割引未適用となる事象について|publisher = 札幌ICカード協議会|format = PDF|accessdate = 2016-09-09}}</ref><ref>{{Cite web|date = 2016-02-17|url = http://www.sapica.jp/view/docs/2016021701_press.pdf|title = 路面電車・バス車載機に係る乗継割引未適用による過収受に係る返金について |publisher = 札幌ICカード協議会|format = PDF|accessdate = 2016-09-09}}</ref>。対象のICカードについては同年2月18日から返金を実施。
* [[2017年]]
** [[8月24日]] - [[ニッセンレンエスコート]]がマルチ決済サービスの提供開始<ref>{{Cite web |date=2017-08-24 |url=http://www.sapica.jp/view/attach/B5ADC1A44B56DB04A8BB31AA74E36786.pdf |title=ニッセンレンエスコートが「SAPICA」の加盟店拡大推進を開始|format=PDF |accessdate=2018-04-14}}</ref>。
* [[2018年]]
** [[4月9日]] - [[サッポロドラッグストアー]]が運営するサツドラ及び北海道くらし百貨店で利用開始<ref>{{Cite news |title=「サツドラ」でSAPICA利用可能に |url=https://www.sankeibiz.jp/business/news/180409/prl1804090932012-n1.htm |newspaper=SankeiBiz |date=2018-04-09 |accessdate=2018-04-14 }}</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者