「メトロカード (東京)」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
一般に販売されていたのは、1000円・2000円・3000円の3種類。
 
このカードは販売を終了したが、2015年3月31日までは東京メトロ全線の自動券売機・[[自動精算機]]・係員[[改札|改札口]]での精算において利用可能であった。現在は払い戻しのみの対応となっている(後述)
 
===NSメトロカード===
[[1991年]]([[平成]]3年)[[11月29日]]、[[東京メトロ南北線|南北線]]の[[駒込駅]] - [[赤羽岩淵駅]]間の開業と同時に発売を開始し、その区間内での自動改札機に直接投入できる「NSメトロカード(NSは「南北」(North・South)の意味の他、New Serviceの意味も持つ)」も存在していた(同区間の開業記念カードも発売していた)。
 
このカードは自動券売機のみの発売だったため、図柄は南北線の[[営団9000系電車|9000系]]をあしらったもので、右側に利用方法を、左側に発売額、購入日、購入駅などが印字される仕組みになっていた。発売額は、既に発売されていたメトロカードに合わせ1000円・2000円・3000円の3種類とされた。
 
将来の[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)との共通化を視野に、[[イオカード]]と同じシステムを導入したため、磁気面の様子や印字方法がイオカードとほとんど同じだった(当初は入場時のみ印字、1996年頃から出場時にも印字)。ただし、JR東日本は[[ICカード]]式プリペイド[[乗車カード]]([[Suica]])を開発中であることや運賃計算上の不都合を理由に共通化に参加しなかった。
 
初代のメトロカードと同様にこのカードは販売を終了した(後述)が、SFメトロカード販売開始後に営団(→東京メトロ)・[[東京都交通局]]([[都営地下鉄]])全線で使えるようになった。
 
2008年3月15日以降、自動改札機での直接投入ができなくなったが、その後も2015年3月31日までは従来のメトロカードと同じ扱いで利用可能であった。現在は払い戻しのみの対応となっている
 
===SFメトロカード===
[[2000年]][[10月14日]]から首都圏の[[私鉄]]・[[地下鉄]]共通のストアードフェアシステム「[[パスネット]]」を導入した際に、イオカードベースの他のカードとともに共通化のベースのひとつとなった(導入当時は17社局)。
 
上記のNSメトロカードとは異なり、パスネット開始前に発売されていたSFメトロカードは、パスネット各加盟社局で使用可能であることを確認済みであるった
 
SFメトロカードは1,000円・3,000円・5,000円の3種類の額面のカードが自動券売機・カード発売機・[[定期乗車券|定期券]]売り場・[[鉄道駅|駅]]事務室などで販売されていた。また、記念カードは2007年2月いっぱいまでは[[書留郵便|現金書留]]または[[郵便為替|定額小為替]]による[[通信販売]]でも購入できた。
 
同年1月まではギフト向けに自分でデザインしたカードも発行できた。この場合は500円のカードもあるが、モデルデザインカード(指定された絵柄に好きな文字を入れる事ができるタイプ)の場合は50枚、フリーデザインカード(自由にデザインできる)の場合は100枚以上での製作条件であった。一時期{{いつ|date=2018年7月}}、[[池袋駅]]と[[銀座駅]]の定期券売り場に[[写真]]や[[絵画|絵]]を持って行くと1枚から印刷してもらえる「フリータイプ」というものもあったが、利用者が少なかったためか廃止された。注文単価は製作料込みで500円カードが900円、1,000円カードが1,400円だった。この「フリータイプ」カードは、利用者が持参した写真や絵などの[[画像]]を[[イメージスキャナ|スキャナー]]で[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]に読み込み、若干のトリミングの後、表面が真っ白なカードに転写することで行われる。そのため、既製品のカードと比べると画質は若干荒い。SFメトロカードではないが、パスネットとして同様のサービスを[[東急グループ]]の[[渋谷地下街]]が運営するフォトショップ「東急ジャンボー」と「AOYAMAメディア工房」および[[京浜急行電鉄]]の窓口による受付で行われていた。
 
自動券売機では、導入当初はカードを持つ人間をモチーフにし、右側に利用方法を記載したデザインのものが発売されていたが、東京地下鉄の路線図(都営地下鉄はスペースの都合上都営浅草線の品川 - 新橋間を除き表示されていない。同区間のみを表示しているのは羽田空港への乗換を考慮しているためと思われる。)を元にしたデザインのものに置き換わっており、左下に額面を示す金額、購入日(平成)および購入駅の[[電報略号 (鉄道)|電略]]が印字されて発売された。
 
カード発売機及び定期券売り場・駅事務室などにおいては、毎月各額面につき最低1枚ずつ[[東京都|都内]]の文物や風景写真、マナー向上を呼び掛けるデザインなどの図柄のカードが発売され、さらに[[アニメ]]・[[映画]]などの公開に合わせて登場[[キャラクター]]・[[俳優|役者]]などをデザインしたものも発売されているが、2007年2月をもって終了した。
匿名利用者