「亀甲船」の版間の差分

独自研究を除去
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
(独自研究を除去)
 
== 史書の記録 ==
[[image:TurtleShip1795.jpg|thumb|left|250px|16世紀の亀甲船の絵画。1795年に描かれた亀甲船の絵画。船体の木製の装飾はこの絵が描かれた同年代のもの。上記の李舜臣行録』などの記述を元にしている。]]{{独自研究|date=2016年9月27日 (火) 12:57 (UTC)|section=1}}
亀甲船は複数の[[史書]]にその存在が記されている軍艦である。ただし、現存する当時の船体がないことや、史書の記述があいまいな事から詳細が不らかでな点も少なくない。
 
船についての記述が初めて登場するのは15世紀の[[朝鮮王朝実録|太宗実録]]である<ref>『太宗実録』十三年二月五日甲寅<br />上過臨津渡觀龜船倭船相戰之狀<br />『太宗実録』十五年七月十六日辛亥<br />其六龜船之法衝突衆敵而敵不能害可謂決勝之良策更令堅巧造作以備戰勝之具</ref>。[[豊臣秀吉]]による[[文禄・慶長の役]](壬辰・丁酉倭乱)で実際に5隻が運用されたとされる。日本側の記録には登場しない。
 
*[[李舜臣]]行録
 
亀甲船(亀船)が具体的に登場する史書は、『李舜臣行録』と『忠武公戦書(李忠武公全書)』(『乱中雑録(乱中日記)』)のみで、名前だけが登場するものに『太宗実録』などがある。
 
== 実像と虚像 ==
[[image:TurtleShip1795.jpg|thumb|left|250px|16世紀の亀甲船の絵画。1795年に描かれた。船体の木製の装飾はこの絵が描かれた同年代のもの。上記の『行録』などの記述を元にしている。]]{{独自研究|date=2016年9月27日 (火) 12:57 (UTC)|section=1}}
 
亀甲船に対しては当時の朝鮮海軍の動向と同じくらい[[大韓民国|韓国]]国内で関心が高く、研究の対象となっている。なぜならば[[文禄・慶長の役|日本軍の唐入り]]の際、[[朝鮮半島]]に攻め寄せる、日本水軍を迎撃する為に用いられた船であり、愛国感情を高揚させる存在だからである。ただ、それが行き過ぎた結果、亀甲船の研究はしばしば現実離れした結論やあり得ない推測が出される事がある。実際には「亀甲船は世界初の[[装甲艦]]であった」や「日本海軍を撃破した」等の説は立証されていない俗説である。現在、(右上の写真にある)復元され韓国の[[鎮海区 (昌原市)|鎮海]]に展示されている亀甲船はこれら架空の設定を反映した[[装甲艦]]であり、設計した人物が史書の「李忠武公全書」にある約700字程度の記述と絵図を現代の[[造船]]学に当てはめて無理矢理解釈したものである事から、実在した亀甲船とは大きく異なる軍艦であったと思われる。
 
=== 現実の亀甲船 ===
現実の亀甲船は、絵のようなものが存在したと仮定するならば、木造船の一種で手漕ぎの突撃艇であると推測することは可能である。史書の「李忠武公全書」に装甲艦であると指摘できる記述が存在しない事からも[[装甲艦]]とは見なすことはできない。帆があるともないともいわれるが、天蓋の上部に足場がほとんどないという記述から、いずれにしても戦闘中は帆の操作はできなかったと思われ、橈走に頼ったものと推測される。渡洋能力については不明で、沿岸部でしか行動できなかったであろうという推測もある。史書で亀甲船が登場する海戦はどれも浅瀬の多い場所であった。また李舜臣が造らせたとする建造数がわずか5隻であったことからも、その用途が非常に限られていた可能性が指摘される。同じ史書の内容では、明・朝鮮水軍は数十から数百隻を動員しており、保有艦船の中の亀甲船の比率は著しく低い。これは日本水軍を撃退したのが亀甲船のおかげではなかったことを示唆する。
 
内外の批判が絶えないため、韓国では実際の亀甲船を発見しようという考古学的な試みが何度か行われている。2008年には、韓国企業が共同出資した資金を基にして韓国海洋科学技術など3つの機関がコンソーシアムを形成し、[[七川島]]周辺の海域を探査した。しかし16世紀の遺物を見つけるだけでも困難であり、今のところ調査は成果を上げていない。
 
そもそも儒教の文治主義の思想下に国家運営をしてきた李氏朝鮮では文官が重んじられた一方で武官は軽視されており、その事績や使用した武器等の遺物も殆ど保存されない傾向が強かったことも、成果を上げられない一因である。
 
== 観光用として ==
現在、[[慶尚南道]][[昌原市]][[鎮海区 (昌原市)|鎮海区]]の[[海軍]][[士官学校]][[博物館]]で研究者らにより、想像に基づいて作された亀甲船が展示されている。同海軍士官学校の学生は、在学中に一度は必ず亀甲船での航海を体験し、伝統を学ぶ。毎年、[[桜]]の花が咲く十日間の軍港祭期間中のみ一般公開されており、十人程度の一般客が乗り込む事ができるようになっている。
 
慶尚南道では亀甲船を2011年末にかけて復元し、観光商品化すると明らかにした。新説に基づいて3階構造の亀甲船と板屋船など4隻が新造された<ref>{{Cite news|url=http://japanese.joins.com/article/822/123822.html | title=3階構造の亀甲船を復元して観光商品に |publisher=中央日報 |date=2009-12-11| accessdate=2014-01-04 }}</ref>。
2013年1月、巨済島に運ばれて水上展示される予定だった亀甲船の想像による再現船が、曳航中に沈没した。製作費は7億ウォン以上を要したとされる<ref>{{Cite news|url=http://www.newsgn.com/sub_read.html?uid=35247 | title=거제 오던 ‘거북선’ 여수 앞바다서 침수 |publisher=newsgn |date=2013-01-15| accessdate=2014-01-04 }}</ref>。
 
== ゲーム等の創作物 ==
* [[エイジ オブ エンパイア シリーズ]]等の歴史[[シミュレーションゲーム]]ではそれらの想像や設定が反映されている例もあり、往々にして高性能を誇る強力な軍艦として登場している。
 
匿名利用者