メインメニューを開く

差分

→‎神名: 除去(無出典)。
詳細は、[[山幸彦と海幸彦]]を参照のこと。
 
== 神名 ==
名前のホデリはほ」は、神話ではの意味としている。「でり」は「」であり穂が赤く熟すること、または火が赤く照り輝くことを意味する。
 
『[[日本書紀]]』ではホデリは[[火闌降命]](ほのすそり の みこと)または[[火酢芹命]](ほのすせり の みこと)となっている。
山幸彦と海幸彦の説話は隼人の服従を語るものであり、ホデリはそのために系譜に入れられたものと考えられている。『[[日本書紀]]』本文では隼人の祖神をホデリではなく火闌降命(ホノスソリノミコト、ホスセリノミコト)としており、第八の一書では『古事記』でのホデリの事績が全て火闌降命の事績として書かれている。また、他の一書ではヒコホノニニギの長子は火酢芹命(ホスセリノミコト)としている。よって、ホデリは『古事記』の編纂者によって創られた神であるとする説が有力となっている。
 
==関連項目==
1,524

回編集