「超軽量ジェット機」の版間の差分

思い切った低価格や斬新な形態・性能をアピールした野心的な新興メーカーが多く登場したが、成功したのはダイヤモンド・エアクラフト・インダストリーズとシーラス・エアクラフト程度であり、多くは経営難で撤退した。逆にセスナ サイテーション・ムスタングや[[エンブラエル]] [[エンブラエル フェノム 100|フェノム100]]など、老舗メーカーが従来のビジネスジェット機と同様な性格でVLJクラスに小型化した保守的な設計の機種が安定した販売を続けている。
 
ダイヤモンド・エアクラフト・インダストリーズやシーラス・エアクラフトは、タービン機の操縦資格を持たないがずVLJより低価格ながら充実した機体を求める顧客向けとして、単発レシプロ機でありながらVLJのような充実した装備要素を取り入れた機体([[:en:Diamond DA40|DA40]]、[[シーラス SR20|SR20]])を並行した販売しており、好調なセールスを記録している。
 
== 関連項目 ==
7,430

回編集