メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
}}
[[画像:Grave of Mizuno Tadashige.jpg|thumb|250px|水野忠重公墓所 (福山市若松町)]]
'''水野 忠重'''(みずの ただしげ)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[安土桃山時代]]にかけての[[武将]]。[[水野忠政]]の九男。母は[[華陽院]]とされるも詳細は不明(「水野氏法名一覧」によれば生母は本樹院殿栄岩宗盛大姉とも。1492年生まれの華陽院が忠重の生母ならば1541年に忠重を産んだ時は50代近くで当時としても異例かなりの高齢出産となってしまう。また華陽院が忠政と離縁し、その後は[[松平清康]](1535年没)等の三河の有力国人と再婚したとされる事とも矛盾が生じてしまう)。子に[[水野勝成]]、[[水野忠清]]、[[清浄院 (加藤清正室)|清浄院]]([[加藤清正]]継室)。[[徳川家康]]の[[叔父]]にあたり、徳川二十将の一人に数えられている。法名は賢忠。道号は勇心<ref name="kanei">『寛永諸家系図伝』</ref>。
 
== 生涯 ==
匿名利用者