「離人症」の版間の差分

m
編集の要約なし
(DSM-5では邦訳診断名が違う)
m
'''離人症'''(りじんしょう、{{lang-en-short|Depersonalization、depersonalisation)}})とは、自分が自分の心や体から離れていったり、また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる。慢性的な離人症は[[離人症性障害|離人感・現実感消失障害]] (DPD)とされ、これはDSM-5では[[解離性障害]]に分類される(DSM-IVの離人症性障害)<ref name="DSM-5">American Psychiatric Association (2013). ''Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders DSM-5''. American Psychiatric Association. ISBN 9780890425541.</ref>。
 
ある程度の離人症や[[現実感喪失]]は、一時的な不安やストレスなどによって誰にでも起こり得るものである。慢性的な離人症は、重度の精神的外傷、長期持続したストレス・不安などに関係している。離人症・現実感喪失は[[解離性障害]]スペクトラムにおいて最も重要な症状であり、これには[[解離性同一性障害]]や[[特定不能の解離性障害]]などが含まれるグループである。さらにそれ以外でも、[[不安障害]]、[[うつ病]]、[[双極性障害]]、[[統合失調症]]<ref name="pmid23454432">{{cite journal |vauthors=Sass L, Pienkos E, Nelson B, Medford N |title=Anomalous self-experience in depersonalization and schizophrenia: A comparative investigation |journal=Consciousness and Cognition |url=https://www.sussex.ac.uk/webteam/gateway/file.php?name=anomalous-self-experience-in-depersonalization-and-schizophrenia.pdf&site=42 |year=2013 |volume=22 |issue=2 |pages=430–41 |doi=10.1016/j.concog.2013.01.009 |pmid=23454432}}</ref>、[[スキゾイドパーソナリティ障害]]、[[統合失調型パーソナリティ障害]]、[[境界性人格障害]]、[[強迫性障害]]、[[偏頭痛]]、[[睡眠不足]]などでも顕著な症状である。またこれは、ある種の神経学的[[痙攣]]の症状でもあり、これは脳のセロトニンレベルが低いことを示す可能性がある<ref>The Edge Effect, by Eric R. Braverman, M.D., 2004, pp. 142</ref>
 
== 疫学 ==
離人症は、[[不安]]感、[[抑うつ]]感に次いで、最も一般的な精神症状である<ref name="Simeon-2004">{{cite journal |author=Simeon D |year=2004 |title=Depersonalisation Disorder: A Contemporary Overview |journal=CNS Drugs |volume=18 |issue=6 |pages=343–54 |pmid=15089102 |doi=10.2165/00023210-200418060-00002}}</ref>。離人症は[[不安障害]]([[パニック障害]]など)の症状である<ref>{{cite journal |vauthors=Sierra-Siegert M, David AS |title=Depersonalization and individualism: the effect of culture on symptom profiles in panic disorder |journal=J. Nerv. Ment. Dis. |volume=195 |issue=12 |pages=989–95 |date=December 2007 |pmid=18091192 |doi=10.1097/NMD.0b013e31815c19f7}}</ref>。
 
467

回編集