メインメニューを開く

差分

* 青銅器時代、[[古代エジプト]]で槍と並んで刃の角度が急な青銅製の斧が白兵戦での主要な武器として使用されていた。
* [[ヴァイキング]]や[[ケルト人]]で知られる[[北ヨーロッパ]]の民が好んで使用し, [[ヨーロッパ]][[中世]]の戦場でほとんど見られる. 特にヴァイキング独自の投げ斧、片手斧、両手斧はイングランドなどで猛威を振るった。当時は鉄器鍛造技術が未熟で剣は高級品であり、一般の人には斧のほうが手軽に持つことができた。このため[[テレマルク県]]のように紋章に戦斧が含まれている自治体も多い。イングランド王を[[ノルマンディー公]][[ギヨーム2世]]と争った[[ハロルド2世 (イングランド王)|ハロルド]]の護衛傭兵[[ハスカール]]は、主に斧で武装していた。スイス人傭兵が考案した槍や鉤と一体化した[[ハルバード]]は、歩兵が騎兵に対抗する手段として普及した。
* [[日本]]で戦斧が多く使われ出したのは[[南北朝時代 (日本)|南北朝期]]からのことであり、文献では『[[太平記]]』で[[長山遠江守]]が[[赤松氏範]]との[[一騎討ち]]で大鉞を使用している<ref>『騎兵と歩兵の中世史』129頁</ref>。基本的に、戦場で斧を使用するのは兵站の建設、あるいは城門の破壊のためだった。また、形状の良く似たものとして、[[修験者]]が霊峰入山の際に携帯する「入峰の斧<ref>奈良国立博物館 http://www.narahaku.go.jp/collection/p-659-0.html</ref>」がある。
* [[インディアン]]が白人との戦いの中で、独特の手斧「[[トマホーク]]」を使用した。現アメリカ軍の[[トマホーク (ミサイル)|トマホークミサイル]]の語源である。
* 中国では斧は「銅鉞」として[[殷]]の時代からあり、当初は歩兵の武器として使用されたが、[[チャリオット|戦車]]戦が発達すると実戦では用いられなくなり軍事権を誇示するためのものになった。再び実戦で戦斧が使われだすのは[[南宋]]の時代になってからだった。当時、[[金 (王朝)|金]]の重装騎兵に対抗するために威力の高い打物兵器が求められ、大斧が使われだした。金の完顔兀述は宋軍の優れた武器として神臂弓([[弩]]の一種)と共に大斧を挙げている。小説の世界では『説唐演技』の[[程知節|程咬金]]が大斧の使い手として描かれている<ref>『武器と防具 中国編』69頁</ref>。
匿名利用者