「戦斧」の版間の差分

 
また、農民が持って居ても違和感がないため、しばしば仕込みや暗殺用として作られている物がある。日常の道具からより戦闘用に改良された戦斧は敵の鎧や盾も切断して身体を攻撃する為、力を一転に集中できるように刃が比較的丸く、中にはより頑丈な鎧や兜と頭蓋骨をも貫通しやすくする為に刃が狭い斧や刃が尖った斧、取り回しを良くする為に柄を長くしたもの、敵の首や手足、武器を引っ掛けやすいように髭の部分が長くなった斧、素早く振るえるように刃の幅を薄くするなど軽量化されている斧もあった。
 
その代わりに斧は重く、重心が先端にあるため、外すと隙が大きい、刀剣より扱いづらい面もあるといった弱点があった。<ref>{{Cite book|author=大波篤司|title=図解 近接武器|date=|year=|accessdate=|publisher=新紀元社|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref><ref name=":0">{{Cite book|author=マーティン・J・ドアティ|title=図説 中世ヨーロッパ武器防具戦術百科|date=|year=|accessdate=|publisher=原書房|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>
 
しかし、10世紀以降の中世ヨーロッパにおいては鎧の発達もあり、メイスなどの打撃武器と共に騎士には剣より好まれた武器でもあった。<ref name=":0" />
 
== 戦史の中での戦斧 ==
匿名利用者