「2018」の版間の差分

→‎性質: 異なる2つの平方和を追加
(→‎性質: 4つの立方和を記述)
(→‎性質: 異なる2つの平方和を追加)
*579番目の[[半素数]]である。1つ前は[[2005]]、次は[[2019]]。
* 2018 = 13{{sup|2}} + 43{{sup|2}}
** 異なる2つの[[平方数]]の和で表せる574番目の数である。1つ前は[[2017]]、次は[[2020]]。({{OEIS|A004431}})
** 異なる2つの[[素数]]の[[平方和]]で表せる32番目の数である。1つ前は1874、次は2042。({{OEIS|A103558}})
** 異なる2つの[[平方数]]の和として1通りの形で表せる417番目の数である。1つ前は[[2017]]、次は[[2025]]。
* 2018 = 7{{sup|2}} + 8{{sup|2}} + 9{{sup|2}} + 10{{sup|2}} + 11{{sup|2}} + 12{{sup|2}} + 13{{sup|2}} + 14{{sup|2}} + 15{{sup|2}} + 16{{sup|2}} + 17{{sup|2}} + 18{{sup|2}}
** 12連続整数の[[平方和]]とみたとき1つ前は1730、次は2330。
*[[約数]]の和が2018になる数は1個ある。([[2017]]) 約数の和1個で表せる307番目の数である。1つ前は[[2012]]、次は[[2022]]。
*2018 = 1<sup>2</sup> + 9<sup>2</sup> + 44<sup>2</sup> = 3<sup>2</sup> + 28<sup>2</sup> + 35<sup>2</sup> = 5<sup>2</sup> + 12<sup>2</sup> + 43<sup>2</sup> = 8<sup>2</sup> + 27<sup>2</sup> + 35<sup>2</sup> = 9<sup>2</sup> + 16<sup>2</sup> + 41<sup>2</sup> = 20<sup>2</sup> + 23<sup>2</sup> + 33<sup>2</sup>
** 異なる3つの[[平方数]]の和として6通りに表すことが表せる147番目の数である。1つ前は[[1990]]、次は2033。({{OEIS|A025344}})
* 2018 = 1{{sup|3}} + 7{{sup|3}} + 7{{sup|3}} + 11{{sup|3}}
**4つの正の数の[[立方]]を用いて表すことがの和表せる631番目の数である。1つ前は[[2017]]、次は[[2025]]。({{OEIS|A003327}})
 
== その他 2018 に関連すること==