「取」の版間の差分

3,775 バイト追加 、 1 年前
en:Upādāna&oldid=851983998 から
(en:Upādāna&oldid=850967829 から)
(en:Upādāna&oldid=851983998 から)
 
== 執着の種類 ==
{{パーリ経典によるサマナ}}
[[経蔵 (パーリ)|経蔵]]においては<ref>Examples of references to ''upādanā'' in the Sutta Pitaka can be found in the "Culasihanada Sutta" ("Shorter Discourse on the Lion's Roar", [[Majjhima Nikaya|MN]] 11) (see Nanamoli & Bodhi, 2001, p. 161) and the "Nidanasamyutta" ("Connected Discourses on Causation", [[Samyutta Nikaya|SN]] 12) (see Bodhi, 2000b, p. 535).</ref>、釈迦は4つの執着を示している。
 
*'''感覚-喜び'''への執着 (''kamupadana'', 欲取)
*'''間違った視点'''への執着 (''ditthupadana'', [[]]取)
*'''儀式と象徴'''への執着 (''silabbatupadana'', 戒禁取)
*'''自己教義'''への執着 (''attavadupadana'', 我語取)
 
この4つを総称して、'''四取'''(ししゅ)と呼ぶ。
 
釈迦は、最初の3種への執着については他宗派による適切な分析を取り入れたが、一方で、自己とそれに伴う苦しみへの執着については、彼自身だけで完全に解明したのだと述べている<ref>''Cula-sihanada Sutta'' ("Shorter Discourse on the Lion's Roar", [[Majjhima Nikaya|MN]] 11) [http://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.011.ntbb.html ({{IAST|Ñanamoli}} & Bodhi, 1993).]</ref>。
 
[[アビダンマ]]<ref>In the Abhidhamma, the Dhammasangani §§ 1213-17 (Rhys Davids, 1900, pp. 323-5) contains definitions of the four types of clinging.</ref>とその解説書<ref>Abhidhamma commentaries related to the four types of clining can be found, for example, in the Abhidhammattha-sangaha (see Bodhi, 2000b, p. 726 ''n''. 5) and the [[Visuddhimagga]] (Buddhaghosa, 1999, pp. 585-7).</ref>では、四取についてさらに以下を定義している。
 
#'''欲取''': 世俗的なものへの繰り返される渇愛([[トリシュナー]])。
#'''見取''': たとえば永遠論(世界と自分は永遠である)や[[虚無主義]]<ref>It is worth noting that, in reference to "wrong view" (Pali: ''miccha ditthi'') as used in various suttas in the [[Anguttara Nikaya]]'s first chapter, Bodhi (2005), p. 437, ''n''. 10, states that wrong views "deny the foundations of morality, especially those views that reject a principal of moral causation or the efficacy of volitional effort."</ref>。[[六師外道]]も参照。
#'''戒禁取''': テキスト通りの修行だけを行えば、ストレートに解脱できると信じている。例えば「牛の練習」や「犬の修行」など。<ref>See, for instance, Buddhaghosa (1999), p. 587. For a reference to these particular ascetic practices in the [[Sutta Pitaka]], see [[Majjhima Nikaya|MN]] 57, ''Kukkuravatika Sutta'' ("The Dog-Duty Ascetic," translated in: Nanamoli & Khantipalo, 1993; and, Nanamoli & Bodhi, 2001, pp. 493-97).</ref>
#'''我語取''': 自己を不変の主体であると識別している。たとえば[[中部 (パーリ)|中部]] 44<ref>[http://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.044.than.html Thanissaro (1998a).]</ref>や、[[五蘊]]、[[無我]]などで語られる。<ref>ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。--[[方丈記]]</ref>
 
[[ブッダゴーサ]]によれば<ref>Buddhaghosa (1999), pp. 586-7.</ref>、この四取は上から挙げた順番に減少していくという。
 
=== 四取の相互作用 ===
{{-}}
{| style="float:right; margin-left:1em; text-align:center; background:#efefef; " cellpadding="3" cellspacing=3
|-
| style="background:#9400D3; color:white" colspan=3 | 我語取
|-
| colspan=3 | ↓
|-
| style="background:#9ACD32; color:black" colspan=3 | 見取
|-
| ↓
| &nbsp;
| ↓
|-
| style="background:#FFFF00; color:red" | '''戒禁取'''
| &nbsp;
| style="background:#FF0000; color:yellow" | '''欲取'''
|}
[[ブッダゴーサ]]は、この四取が相互接続されていることを発見している<ref>Buddhaghosa (1999), p. 587.</ref>。
 
{{ordered list
|1= '''我語取''': まず、不変の「自己」を持っていると仮定する。
|2= '''見取''': そのため彼は、自己は何か永遠なものであるとか、この生の終わりには消滅するのではないかと考える。
|3= この結果として生じやすい行動は、 {{ordered list|list-style-type=lower-alpha
| '''戒禁取''': 自分が永遠のものであるなら、浄化の修行を頑張ろうと儀式に執着する。
| '''欲取''': この生の後に消滅するのであれば、次の生のことは考えずに欲望に浸る。 }}
}}
 
こういった取の相互関係を右図に示す。したがってブッダゴーサの分析によれば、取は習慣化した感情経験(欲取)よりも、中核的信念(我語取)の根本的に誤りが本質である。
 
==十二因縁==
==脚注・出典==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*[[ブッダゴーサ|Buddhaghosa]], Bhadantācariya (trans. from Pāli by Bhikkhu {{IAST|Ñāṇamoli}}) (1999). ''The Path of Purification: Visuddhimagga''. Seattle, WA: BPS Pariyatti Editions. {{ISBN|1-928706-00-2}}.
 
==関連項目==
8,168

回編集