「葉室定嗣」の版間の差分

編集の要約なし
'''葉室 定嗣'''(はむろ さだつぐ、[[承元]]2年([[1208年]]) - [[文永]]9年[[6月26日 (旧暦)|6月26日]]([[1272年]][[7月22日]]))は、[[鎌倉時代]]中期の[[公卿]]。[[藤原北家]][[勧修寺流]]、[[葉室光親]]の次男。母は[[吉田定経]]の娘。初名を光嗣、次いで高嗣、定嗣と改名。子に[[葉室定藤|定藤]]、[[吉田経長]]室。官位は[[正三位]]・[[中納言|権中納言]]
 
[[建保]]2年([[1214年]])に叙爵。以後[[但馬国|但馬]]、[[美濃国|美濃]]などの[[国司]]や[[蔵人頭]]を歴任し、[[仁治]]3年([[1242年]])に[[従三位]]。[[宝治]]2年([[1248年]])には[[正三位]][[権中納言]]に昇る。[[後嵯峨天皇|後嵯峨上皇]]の[[院司]]として重用され、院と[[六波羅探題]]との間に立って両者の調整役を務めた。
 
[[建長]]2年([[1250年]])に[[致仕]]。[[弘長]]年間([[1261年]]-[[1263年]])には[[出家]]し、法名を定然と称したとされる。
 
その日記『[[葉黄記]]』は、朝廷側の立場から鎌倉中期という時代を活写した史料として貴重である。また晩年には[[浄住寺]]の中興を手がけたことでも知られている。