「206」の版間の差分

→‎性質: 3つの平方和5通りを記述
(→‎性質: 4つの立方和を記述)
(→‎性質: 3つの平方和5通りを記述)
* 67番目の[[半素数]]である。1つ前は[[205]]、次は[[209]]。
*206 = 1<sup>2</sup> + 3<sup>2</sup> + 14<sup>2</sup> = 1<sup>2</sup> + 6<sup>2</sup> + 13<sup>2</sup> = 2<sup>2</sup> + 9<sup>2</sup> + 11<sup>2</sup> = 5<sup>2</sup> + 9<sup>2</sup> + 10<sup>2</sup> = 6<sup>2</sup> + 7<sup>2</sup> + 11<sup>2</sup>
** 異なる3つの[[平方数]]の和として5通りに表すことが表せ最小2番目自然数である。1つ前は[[194]]、次は[[230]]。({{OEIS|A025343A025325}})
** 異なる3つの[[平方数]]の和として ''n'' 5通りすことができ自然数のうち最小のものである。1つ前の4通りは[[161]]、の6通りは[[314230]]。({{OEIS|A025415A025343}})
** 異なる3つの[[各位の和平方数]]が8となの和 ''n'' 通りで表せ18番目最小の数である。1つ前の4通りは[[170161]]、次の6通りは[[215314]]。({{OEIS|A025415}})
* [[各位の和]]が8になる18番目の数である。1つ前は[[170]]、次は[[215]]。
*206 = 3{{sup|3}} + 3{{sup|3}} + 3{{sup|3}} + 5{{sup|3}}
**4つの正の数の[[立方和]]を用いて表すことができる46番目の数である。1つ前は[[205]]、次は[[217]]。({{OEIS|A003327}})