「変温動物」の版間の差分

編集の要約なし
(Wikipedia内リンク追加(奇網))
{{出典の明記|date=2011年7月}}
'''変温動物'''(へんおんどうぶつ、[[英語]]:poikilotherm)とは、外部の温度により[[体温]]が変化する[[動物]]のことをさす。かつては'''冷血動物'''(俗語:cold-blooded)とも呼ばれた。対義語は[[恒温動物]]。しかし、動物の体温制御が種によって多様であるこ対義が発見され、恒温動物と変温動物の2つに分けられるという考えは誤りであることが分かったため、これらの語は科学的には使われなくなってきている
 
== 概要 ==
[[爬虫類]]、[[魚類]]や[[昆虫]]などが代表として挙げられる。ただし、変温動物と恒温動物の体温調節能力は連続的・段階的であり、厳密に2分類できるものではない。たとえば[[ミツバチ]]では密集して飛翔筋を運動させることで熱を発生させ、[[巣]]の温度を調節することでほぼ一定の体温を保つことができる。魚類では[[マグロ]]や[[カジキ]]等が[[奇網]]と呼ばれる特殊な血管構造によって高い体温と運動能力を確保している。これらは恒温動物とされることも変温動物とされることもある。また、[[ハチドリ]]、[[カッコウ]]、[[ナマケモノ]]、[[ハダカデバネズミ]]のようにほ乳類や鳥類に属する生物でも必ずしも恒温動物とはいえない体温調節をする物がある。詳しくは[[恒温動物]]を参照
 
詳しくは[[恒温動物]]を参照。
 
== 変温動物の体温 ==
263

回編集