「タイガーストライプ (ベトナム戦争)」の版間の差分

タイガーストライプの始まりの時期を修正
m
(タイガーストライプの始まりの時期を修正)
 
==タイガーストライプ迷彩服の誕生==
1950年代の末期、ベトナム共和国([[南ベトナム]])海兵隊にて採用されたタイガーストライプは、ベトナムでは「虎の皮(da cọp/ジャーコプ)」「縞柄(sọc rằn/ソク ラン)」と呼ばれ、この迷彩被服は[[フランス軍]]の「インドチナ・リザード迷彩被服TTA47」を参照し作成されたものと推定されている。<ref>http://ichiban.militaryblog.jp/e502218.html 一番槍ブログ「タイガーストライプの始まり」</ref> <ref>http://ichiban.militaryblog.jp/e835371.html 一番槍ブログ「続・タイガーストライプの始まり」</ref><ref>{{Cite news|title=タイガーストライプの始まり Part 3|url=http://ichiban.militaryblog.jp/e924214.html|accessdate=2018-08-04|language=ja|work=一番槍BLOG}}</ref>
また、19601957以前には、コントラクトのベトナム海兵隊試作(?)柄の存在が、リチャード・D・ジョンソンにより指摘されている<ref>{{cite book |title=Tiger Patterns: A Guide to the Vietnam War's Tigerstripe Combat Fatigue Patterns and Uniforms |last=Johnson |first=Richard Denis |year=1999 |publisher=Schiffer Pub Ltd |location= |isbn=978-0-7643-0756-0}}</ref>。ジョンソンはそのパターンを「VMX」と命名し以後のパターンバリエーションの起点とし、タイガーストライプ柄のパターン分類をしている。
 
ジョンソンは、ベトナム共和国制式タイガーストライプのパターンを、このVMX(Vietnamese Marine corps eXperimental)のほか、Vietnamese Marine corps Sparse(ファーストパターン)、Vietnamese Marine corps Dense(セカンドパターン)に分類している。
194

回編集