「不完全菌」の版間の差分

m
色々直したいけどとりあえずスペルミス修正
m (色々直したいけどとりあえずスペルミス修正)
 
== 完全世代との関連と分類 ==
不完全菌は有性生殖が知られていない菌であり、菌の系統分類には有性生殖の構造が重要とされる。したがって、無性生殖器官での分類は系統関係を反映していない可能性が高く、それがform-genusugenusといった用語にも現れている。しかし、そうではあっても、分類する以上はそれが系統関係を反映することは望ましいことである。したがって、不完全菌の完全世代を探すことは不完全菌の分類から見ても重要なことである。
 
不完全菌の分類は、古くはサッカルドーの体系が用いられた。これはまず菌糸が無色のものと有色のものを分け、次に分生子の形で分け、さらに構成する細胞の数で分け、という風なもので、整理には便利であるが人為分類の臭いが強い。これに対して新たに提案されたのがHughes-Subramanian-Tubakiの分類体系で、これは[[分生子形成型]]に重点を置いたものである。完全世代が近縁なものは、分生子の形成型が似ているという判断である。これによってある程度は完全世代の分類体系との対応が取れるようになり、完全世代が近縁のものは不完全世代も近いものになる例が多い。
 
*不完全糸状菌
:''Acremonium''・''Alternaria''([[アルテルナリア]])・''Ambrosiella''・''Arthrobotrys''・''Aspergillus''([[コウジカビ]])・''Aureobasidium''・''Beauveria''(カイコの白きょう病菌)・''Blastomyces''・''Botriosporium''・''BtrytisBotrytis''([[ハイイロカビ]])・''Chalara''・''Cercospora''・''Cephalosporium''・''Chrysomnia''・''Chrysosporium''・''Cladosporium''([[クラドスポリウム]])・''Chlorodoim''・''Coccidioides''([[コクシジオイデス]])・''Cryptococcus''・''Curvularia''・''Cylindrocarpon''・''Cylindrocladium''・''Drechslera''・''Epicoccum''・''Fusarium''([[フザリウム]]・アカカビなど)・''GeotricumGeotrichum''・''Gliocladium''・''Graphium''・''Helicomyces''・''Helicosporium''・''Heliscus''・''Helmithosporium''・''Hyalodendron''・''Hystoplasma''([[ヒストプラズマ]]症菌)・''Isaria''([[クモタケ]])・''Lemonniera''・''Metarhizium''・''Microsporium''・''Monilia''([[アカパンカビ]]など)・''Monocillium''・''Nigrospora''・''Nodulisporium''・''Oidiodendron''・''Oidium''・''Paecilomyces''・''Penicillium''([[アオカビ]])・''Phialomyces''・''Phialophora''・''PyrculariaPyricularia''([[イモチキン]])・''Raffaelea''・''Ramularia''・''Rhinocladiella''・''Sporpthrix''・''Staphylotricum''・''Stilbella''・''Thermomyces''・''Trichiphyton''([[白癬菌]])・''Trichoderma''([[トリコデルマ菌]])・''TrichoteciumTrichothecium''・''Tripospermum''・''Varicosporium''・''Verticillium''
 
*分生子果不完全菌
:''Ascochyta''・''Endothiella''・''Leucocytospora''・''Melasmia''・''Pestalotia''([[ペスタロチア]])・''Pestalotiopsis''・''Phoma''([[フォーマ菌]])・''Phomopsis''・''Septoria''
 
*無胞子不完全菌
:''RhyzoctoniaRhizoctonia''([[リゾクトニア]])・''Sclerotium''
 
*不完全地衣類
1,714

回編集