「重仁親王」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''重仁親王'''(しげひとしんのう、[[保延]]6年[[9月2日 (旧暦)|9月2日]]([[1140年]][[10月14日]]) - [[応保]]2年[[1月28日 (旧暦)|1月28日]]([[1162年]][[2月13日]]))は、[[平安時代]]後期の[[皇族]]。[[崇徳天皇]]の第一皇子。母は[[源行宗]]養女(法印[[信縁]]([[藤原北家]][[小野宮流]]季実の子)の娘)[[兵衛佐局]]。[[乳母]]は[[池禅尼]]。法名は'''空性'''
 
== 経歴 ==
親王の誕生前年の[[保延]]5年([[1139年]])[[院政]]を行う[[鳥羽天皇|鳥羽上皇]]の強い意向によって、父である崇徳天皇は自身の異母弟・体仁親王(後の[[近衛天皇]])を[[皇太子|皇太弟]]に立てた。親王は生まれてすぐに体仁親王の生母である[[藤原得子]](美福門院)の養子に迎えられた。[[乳母]]は[[池禅尼]]。近衛天皇が[[即位]]した[[永治]]元年12月([[1142年]])[[親王宣下]]を受ける。[[天養]]元年([[1144年]])[[皇室の儀式|着袴]]。[[久安]]6年12月([[1150年]])[[元服]]して[[品位 (位階)|三品]]に叙される。美福門院は重仁親王を我が子の様にかわいがっており、次の[[皇太子]]に最も近い地位にあったともいわれている。
 
ところが、[[久寿]]2年([[1155年]])に近衛天皇が[[崩御]]すると、父の崇徳上皇は重仁親王の即位を望むが、宮廷では上皇が[[藤原頼長]]と結んで天皇を呪い殺したという噂が流れる。これに怒った鳥羽法皇は重仁親王ではなく上皇の弟の雅仁親王([[後白河天皇]])を即位させる。『[[兵範記]]』では崇徳上皇がこれに強い恨みを抱いたことを[[保元の乱]]の原因とが、現在ではむしろ権力基盤の脆弱な後白河側が崇徳と[[藤原頼長]]を挑発して討ったという説ある<ref>[[元木泰雄]]『保元・平治の乱 平清盛勝利への道』 kindle版 1137/3414 角川ソフィア文庫 (2014年)</ref>。崇徳の行動が非計画的であったことの傍証として、崇徳が白河北殿に立てこもった際に重仁を同道させていないことが挙げられる<ref>[[呉座勇一]] 『陰謀の日本中世史』kindle版 No.256/4875 角川新書(2018年)</ref>。
 
乱後、崇徳上皇は[[讃岐国]]に流罪となり、重仁親王は[[仁和寺]]に入り[[出家]]した。[[寛暁]][[大僧正]]のもとで仏道に励んだが、応保2年([[1162年]])9月2日に足の病により父母に先立ち[[崩御|薨去]]した。[[享年]]23。
 
なお、重仁親王は出家後、父母の居る讃岐に行き21歳で亡くなるまで父崇徳上皇や母兵衛佐局の近くで暮らしたとの伝説があり、[[高松市]]檀紙町には重仁親王廟まである<ref>[http://www.rnc.co.jp/radio/radio_car/rcar120920/eggy/large.asp?fname=2012092017295005.jpg 重仁親王廟] - 西日本放送</ref>。{{ウィキ座標度分秒|34|17|58.5|N|134|00|08.1|E}}