「昭聖太后」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''昭聖太后''' (しょうせいたいこう、[[1578年]]頃 – [[1669年]])は、[[広西チワン族自治区|桂]]王[[朱常瀛]]の側室で、[[南明]]最後の[[皇帝]][[永暦帝]]の生母<ref>『[[南明史]]』巻二十六</ref>。姓は'''馬氏'''。名は伝わっていないが、[[カトリック]]に入信し'''マリア'''(Maria)という[[洗礼名]]を受けた。
 
== 生涯 ==
[[1646年]]に永暦帝が即位すると、馬氏は'''慈寧皇太后'''の称号を賜ったが、まもなく'''昭聖恭懿皇太后'''に変わった。兄の子の馬九爵は鎮遠伯に任じられ、その兄の馬承祖は中軍都督府、その弟の馬九功は右軍都督府の任を受けた。
 
永暦帝が[[新寧県|新寧]]に巡行した際、'''昭聖仁壽皇太后'''の[[尊号]]を受けた。永暦9年(1655年)6月に再び'''慈恵'''の号を賜り、全体で'''昭聖慈恵仁壽皇太后'''と称した。
匿名利用者