「Materials for the Study of the Ainu Language and Folklore」の版間の差分

m
format cite book
m (format cite book)
[[ブロニスワフ・ピウスツキ|ブロニスラフ・ピウスツキ]]が1912年に[[クラクフ]]で刊行した樺太アイヌの民話資料。27話の伝説が収録されている。本文はアルファベットによるアイヌ語の筆記とその英訳・註からなっている。樺太アイヌの物語を知る上で重要な文献となっている。この中には[[白瀬矗]]の南極探検に参加した[[山辺安之助]](ヤシノスケJasinoske)・[[花守信吉|花守新吉]](花森新吉)(シシラトカSisratoka)が語ったものも含まれている。現在、内容はWebでも公開されている<ref>{{Cite web|url=http://www.icrap.org/common/Materials.html|title=Materials|accessdate=2018-08-03|website=www.icrap.org}}</ref>。この民話資料の日本語訳は[[知里真志保]]によって1944年に公刊されており、「樺太アイヌの説話」(『知里真志保著作集』1、平凡社に収録)の中の28話(原著の第5話を二つに分けているため)がこれに該当する。
 
* {{cite book |url=https://www.sbc.org.pl/dlibra/publication/129983/edition/122113/content?ref=desc |last=Piłsudski, |first=B. |year=1912. |title=''Materials for the Study of the Ainu Language and Folklore''. |location=Cracow. |language=en }}
 
== 脚注 ==