「固有状態」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
 
よって物理量 {{mvar|A}} の固有状態 <math>\{ |a_1\rangle,|a_2\rangle,\ldots \} \ </math> は以下の[[固有値方程式]]を満たす。
: <math>\hat{A}|a_n\rangle=a_n|a_n\rangle \quad(n=1,2,\ldots).</math>
 
一般に、量子系について物理量の測定を行った時、どんなに同じように状態を用意して同じように測定をしても、測定値は測定によってバラバラである。しかし系が<math>\hat{A}</math>の[[固有値]] <math>a_n \ </math> に属する固有状態 <math>|a_n\rangle \ </math> であるときは、物理量 <math>\hat{A}</math> を観測すれば必ず <math>a_n \ </math> という値を得る([[オブザーバブル]]を参照)。よって'''「物理量 <math>\hat{A}</math> の固有状態 <math>|a_n\rangle \ </math> は、物理量 <math>\hat{A}</math> が確定した値 <math>a_n</math> を持っている状態である」'''と解釈できる。