「毎日新聞」の版間の差分

* 2008年5月27日の夕刊一面トップで、[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]が[[アメリカ合衆国]]に対して、拉致被害者のうち数人がなお国内に存在することを明らかにして日本に帰国させる準備を意思表示したと報じた<ref>北朝鮮・拉致問題:被害者「数人生存、帰国の用意」 北朝鮮、米に伝達 毎日新聞 2008年5月27日 東京夕刊</ref>。これに対し、[[内閣官房長官]][[町村信孝]]は27日の記者会見で、アメリカ政府からは日本政府に対してそのような内容の通知は存在しないとし、報道内容を否定した<ref> 北朝鮮・拉致問題:町村官房長官、毎日新聞の報道を否定 毎日新聞 2008年5月28日 東京朝刊</ref>。
* 2008年5月下旬、毎日新聞社の英語報道公式サイト {{en|Mainichi Daily News}}(「[[毎日デイリーニューズ]]」)の[[コラム]]「{{en|WaiWai}}」において、長期に渡り、[[日本の文化]]の不正確・猥雑な記事が配信されているとして批判が高まり、問題が表面化。同コラムの閉鎖、担当記者の処分や上司らの社長などへの昇進、公式ウェブサイトの編集体制の刷新などに発展した。この件に関して謝罪はされたが、「紹介の仕方が不適切であった」といった趣旨で、内容が不適切であったことは認めていない。{{Main|毎日デイリーニューズWaiWai問題}}
* 2008年[[11月17日]]、18日の夕方に起きた[[元厚生事務次官宅連続襲撃事件]]の報道を受け、11月18日21時半前後に[[ウィキペディア日本語版]]の[[社会保険庁長官]]の項目が編集された。その後、[[ウィキペディア]]において、初期設定では編集履歴の時刻が[[日本標準時]]ではなく、[[協定世界時]](UTC)で表示されることを全く知らなった毎日新聞記者が、この編集を9時間前の11月18日正午すぎの編集と誤認、[[元厚生事務次官宅連続襲撃事件#吉原健二宅襲撃事件|吉原健二宅襲撃事件]]の6時間前に行われた犯行予告と考え、捜査本部に通報した上、2008年11月19日朝刊において「犯行を示唆する書き込みがあったことが分かった」と報じた<ref>『毎日新聞』2008年11月19日付朝刊</ref><ref>[http://s02.megalodon.jp/2008-1119-0246-50/mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000m040155000c.html 元次官宅襲撃:事件6時間前にネット書き込み…犯行示唆 - 毎日jp(毎日新聞) 2008年11月19日 02:46 - ウェブ魚拓]</ref><ref>「[http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081119/crm0811191229031-n1.htm 【元厚生次官ら連続殺傷】毎日報道「ネットに犯行示唆」は誤報]」 [[産経新聞|MSN産経ニュース]]、2008年11月19日。</ref>。テレビ局もこの記事に釣られ、真偽を確認しないまま[[ニュース番組]]などで放映した。毎日新聞は11月19日の夕刊及びウェブ上で誤報であると認めて謝罪した<ref>毎日新聞2008年11月19日付夕刊</ref><ref>「[http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081119k0000e040034000c.html おわび:「ネットに犯行示唆?」の記事について]{{リンク切れ|date=2009年5月}}」 毎日jp、2008年11月19日。</ref><ref>「[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/19/news051.html 毎日新聞“Wikipediaに犯行予告”と誤報 時刻表示を勘違いか、実は犯行後]」 [[ITmedia|ITmedia News]]、2008年11月19日</ref>。20日の朝刊においても改めて謝罪記事を掲載した。1つの記事に対して複数の謝罪記事が出されることは異例であった<ref>「[http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081120/crm0811200837003-n1.htm 【元厚生次官ら連続殺傷】毎日新聞が朝刊でも改めて「おわび」]」 [[産経新聞|MSN産経ニュース]]、2008年11月19日</ref>。しかし、毎日新聞の記者の誤解が原因としながらも、書き込みを行った人物を「犯行示唆と受け取れる書き込みを示唆したとする人物」と表現し、誤解の元となった書き込みを行った人物に対して責任転嫁を行っている<ref>[http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/2008/11/20/ 毎日新聞、誤報記事の責任転嫁する「おわび」掲載、失笑を買う]</ref><ref>[http://mainichi.jp/select/jiken/20081119/etc/owabi.html おわび:「ネットに犯行示唆?」の見出しと記事]</ref>。この誤報の影響で不利益を被った当該編集者は毎日新聞に対して謝罪と補償を求め、毎日新聞社は面会に応じ、口頭で謝罪を行った。当該編集者は『担当者は紙面での謝罪や補償は拒否し「毎日新聞は正義」「誤報がなくても取り調べの可能性はあった」などと発言した』と書き込んだが、毎日新聞社社長室の広報担当者は、12月1日「毎日新聞は正義」という発言は無かったと回答している<ref>[http://www.j-cast.com/2008/12/01031301.html 殺傷事件で誤報した毎日新聞 犯人扱い、未だ紙面で謝罪せず]</ref><ref>[http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%3A%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%BA%81%E9%95%B7%E5%AE%98&diff=23134360&oldid=23069809]</ref>。
* [[2009年]][[1月9日]]夕刊で報じた、あるシャッターメーカーに対する条例違反を報じた記事に対して、当該メーカーの持ち株会社から「事実と異なる」との抗議を受け、当日中に、同社ニュースサイト上の当該記事を削除した。これに対して、毎日は「「誤報」とは考えておらず、抗議による調査のため」とコメントをしている<ref>[http://www.j-cast.com/2009/01/23034167.html 毎日新聞が異例のサイト記事削除 「抗議を受け、調査に入ったため」]</ref>。
* 2009年3月、[[フィリピン]]から偽造パスポートを使用して不法に入国及び滞在をしているカルデロン一家の件について、「善良である」と報道した<ref>[http://news.livedoor.com/article/detail/4146519/ 【カルデロン親子】毎日新聞「カナダなら家族全員で住めた」と掲載するもカナダは「韓国人母娘を追放」]</ref>。