「パドヴァのアントニオ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Bot: +Refs section,+{{Reflist}} ∵Reference list missing: Check Wikipedia #3)
m
}}
 
聖'''パドヴァのアントニオ'''([[イタリア語]]:'''Sant'Antonio di Padova'''、[[ポルトガル語]]:'''Santo António de Lisboa'''、[[1195年]] - [[1231年]][[6月13日]])、'''パドアのアントニオ'''は、[[カトリック教会]]で、失せ物、結婚、縁結び、花嫁、不妊症に悩む人々、愛、老人、動物の聖人とされている。[[教会博士]]の一人。本名はフェルナンド・マルティンス・デ・ブリャォン(Fernando Martins de Bulhão)といい、[[リスボン]]で貴族の子として生まれた。そのため、'''リスボンのアントニオ'''とも呼ばれる。[[アッシジのフランチェスコ]]に共感し、彼の創設した[[フランシスコ会]]に入会。イタリアや南フランスといった地域を巡り、精力的に活動するも、パドヴァ近郊で病没した。未だ30代半ばであった。説法に優れ、生前から民衆にも大変人気のある人物であったという。彼が死んだとき、[[天使]]たちが舞い降りて町中の教会の鐘をひとりでに鳴らしたとも言われている。彼の絵画や肖像では、幼子のキリストを抱き、本とユリの花、パンがともに描かれている。祝日は6月13日。[[パドヴァ]]、[[ポルトガル]]、[[ブラジル]]の守護聖人。
 
== 来歴 ==
本名はフェルナンド・マルティンス・デ・ブリャォン(Fernando Martins de Bulhão)といい、[[リスボン]]で貴族の子として生まれた。そのため、'''リスボンのアントニオ'''とも呼ばれる。[[アッシジのフランチェスコ]]に共感し、彼の創設した[[フランシスコ会]]に入会。イタリアや南フランスといった地域を巡り、精力的に活動するも、パドヴァ近郊で病没した。未だ30代半ばであった。説法に優れ、生前から民衆にも大変人気のある人物であったという。彼が死んだとき、[[天使]]たちが舞い降りて町中の教会の鐘をひとりでに鳴らしたとも言われている。彼の絵画や肖像では、幼子のキリストを抱き、本とユリの花、パンがともに描かれている。祝日は6月13日。[[パドヴァ]]、[[ポルトガル]]、[[ブラジル]]の守護聖人。
 
==脚注==