メインメニューを開く

差分

m
リンク切れを1次資料に代替
{{複数の問題|出典の明記=2018-08|独自研究=2018-08}}
'''デジタルトランスフォーメーション'''(Digital transformation)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる<ref>http://wwwwww8.idcjapaninformatik.coumu.jpse/Press~acroon/CurrentPublikationer%20Anna/20151209AprStolterman.htmlpdf Umeo IDC JapanUniversity</ref>。デジタル化の第1フェーズはIT利用による業務プロセスの強化、第2フェーズはITによる業務の置き換え、そして第3フェーズは業務がITへ、ITが業務へとシームレスに変換される状態である。従来はSF([[サイエンス・フィクション]])の世界であった仕組みが[[人工知能]]やロボティクス等のIT技術の革新により部分的に実現されるようになり、現実世界と仮想世界が区別なく存在する社会へと発展するようになった。このような新しい時代を迎えるにあたり、企業のデジタル化における'''デジタルトランスフォーメーション'''が注目されるようになった。
 
== 企業のデジタルトランスフォーメーション ==
111

回編集