「フロント・ネックチャンスリー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''フロント・ネックチャンスリー・ドロップ'''(''Front Neck-Chancery Drop'')は、[[プロレス技]]の一種である。
=== 概要 ===
[[フロントチョーク|フロント・ネックロック]]の要領で相手の首を捕らえて体を[[ブリッジ (運動)|ブリッジ]]させる勢いで相手を後方へと反り投げた相手の背中を叩きつける。日本での初公開は1963年3月23日、[[日本プロレス]]の蔵前国技館大会において、[[サンダー・ザボー]]が対[[アントニオ猪木]]戦で使用して、この技で猪木から[[ピンフォール]]を奪っている。1966年3月21日、猪木は日本プロレスを一時離脱して4月23日に入団した[[東京プロレス]]で'''アントニオ・ドライバー'''の名称で使用していた。他の使い手としては[[アンドレ・ザ・ジャイアント]]がいる。
 
見た目以上に全身の筋力を要する技ともいわれており、猪木は、この技を多用した影響で腰を痛めたため、使用していた時期は東京プロレス時代に限られている。また、アンドレも使用していた時期は体力的に充実していた全盛期に限られている。
=== 派生技 ===
; タイガー・ドライバー<ref>[[佐山聡|初代タイガーマスク]]のタイガー・ドライバーは実況アナウンサーの[[古舘伊知郎]]が名付けた技名であるが一般に浸透せず、マスコミは通常通りの項目名の技名を使用していたことが多かった。</ref>
: '''タイガー・ネックチャンスリー'''とも呼ばれる。[[佐山聡]]が[[タイガーマスク (プロレスラー)#初代|初代タイガーマスク]]の時代に開発したオリジナル技。片足を振り上げた勢いを生かして相手を後方へと反り投げた相手の背中を叩きつける。同名の技で[[三沢光晴]]が[[タイガーマスク (プロレスラー)#2代目|2代目タイガーマスク]]の時代に開発した[[パワーボム#タイガー・ドライバー|タイガー・ドライバー]]があり、現在では三沢式の方が著名と思われるが全く別の技である。テレビゲーム『[[ファイヤープロレスリング]]シリーズ』では佐山の独特のモーションを再現した'''タイガー・ネックチャンスリー・ドロップ'''という技がある。
; ハーフハッチ・スープレックス
: 前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左脇の方から差し込んだ右手を相手の背中に添えて相手を抱えたまま体を[[ブリッジ (運動)|ブリッジ]]させる勢いで相手を後方へと反り投げた相手の背中を叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
; 魔神風車固め
: '''マシン・スープレックス'''とも呼ばれる。[[平田淳嗣|スーパー・ストロング・マシーン]]のオリジナル技。前屈みになった相手の左腕を左手で掴んで折り曲げて相手の左脇に胸の方から差し込み、右手で相手の左腕を掴み、自由になった左手を相手の首の後ろに回し、体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げた相手の背中を叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。
; あすなろスープレックス
: [[獣神サンダー・ライガー|山田恵一]]のオリジナル技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左腕を抱き込むような感じで相手の胸の方に右腕を回し、右手で相手の右肘あたりを掴み、掴んだ腕を相手の胸の方に折り曲げて体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げた相手の背中を叩きつけてフォールを奪う。
; 天龍稲妻落とし
: [[天龍源一郎]]のオリジナル技。[[フロントチョーク|フロント・ネックロック]]の要領で相手の首を捕らえて相手を持ち上げて背中から倒れ込み、相手の顔面のあたりを叩きつける。