メインメニューを開く

差分

 
== 概要 ==
[[明治政府]]は、[[中央集権]]体制を確立するため、[[1871年]][[8月29日]]([[明治4年]][[7月14日 (旧暦)]])に[[廃藩置県]]を実施して国による直轄化を進めた。府・県には「府庁所在地」「県庁所在地」が決められ、中央から派遣された[[知事]]・[[県令]]が統治する形となった。府県庁は、に人口が集中していた[[城下町]]・[[港町]]・[[門前町]]に置かれたが(一部例外有り)、道庁は人口の多寡よりも政策的に設置都市が決められた。この時点では、現在のような「○○〇〇[[市]]」という名称は存在しなかったため、「府県庁所在'''地'''」との名称になっている(「府」と一部の「県」は、[[天領]]を中心に[[廃藩置県]]以前の[[府藩県三治制]]により設置された。→[[都道府県]]、[[廃藩置県]]、[[府藩県三治制]]参照)。
 
[[1878年]](明治11年)になると、[[郡区町村編制法]]によって大きな人口密集地に[[郡区町村編制法#区|区]]が置かれた。[[1889年]](明治22年)[[4月1日]]には、区に替わって市([[市制]])が置かれたが、道府県庁所在地全てが「市」とはなっていない。しかし、県庁所在地ではそれぞれ人口が増え、次々と市となっていった。特例となっていた[[那覇区]]([[1896年]] - [[1921年]])、[[札幌市|札幌区]]([[1899年]] - [[1922年]])がそれぞれ市となり、[[1934年]]([[昭和]]9年)[[2月11日]]に[[埼玉県]][[北足立郡]][[浦和町]]が市制を敷いて、全ての道府県庁所在地が市となったことにより、「道府県庁所在'''市'''」と言える状況になった。しかし、[[1943年]](昭和18年)[[7月1日]]に[[東京市]]が都制の下に消滅し、都庁所在地(後述)が[[1990年]]([[平成]]2年)までは[[千代田区]]、[[1991年]](平成3年)からは[[新宿区]]に置かれているため、現在も「道府県庁所在'''市'''」とは言えるものの「'''都'''道府県庁所在'''市'''」とは言えない状況にある。
430

回編集