「近衛敏明」の版間の差分

m
[[早稲田大学]]経済学部卒業。
 
[[1934年]]、[[松竹蒲田撮影所]]に入り、同年の『会社員閣下』で主演する。誠実な青年役で注目を集めた。また、松竹の看板スターだったが、[[1935年]]に松竹を退社した[[藤井貢]]が主演していた『若旦那』シリーズに藤井の跡を継いで主演した。[[1930年代]]半ばから[[清水宏 (映画監督)|清水宏]]監督などのメロドラマで主役を演じたが、次第に脇役に回っていった。本人も「脇役のほうに持ち味があると自他ともに認めた」と語っている。[[1937年]]頃に[[上原謙]]、夏川大二郎、[[徳大寺伸]]と第八芸術(=映画)にちなんだ研究会「8クラブ」を結成し、毎月、演劇や音楽関係の有識者を呼んで、講演会を開いていた。戦中は『迎春花』『[[サヨンの鐘]]』では[[李香蘭]]の相手役として共演している。
 
戦後は、小太りな体と黒縁眼鏡が特徴の脇役俳優として活躍した。[[大映]]、[[松竹]]の所属を経て、フリーとなる。[[1958年]]頃から[[新東宝]]の映画に出演し、[[石井輝男]]監督の作品などで腹黒い好色漢などの悪役を演じた。新東宝の倒産後はテレビドラマでも活躍した。