「嵯峨野線」の版間の差分

編集の要約なし
JR西日本の[[アーバンネットワーク]]の路線の一つである。起点の京都駅から京都市内を縦貫し、京都府中部([[南丹]])へと伸びている。ラインカラーは'''紫'''({{Color|#878DDC|■}})であり、選定理由は「京の優雅さをイメージ」とされている。路線記号は''' E '''<ref>[http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/08/page_5993.html 近畿エリア・広島エリアに「路線記号」を導入します] - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2014年8月6日</ref>。
 
観光地として人気のある[[嵯峨野]]・[[嵐山]]方面へのアクセスルートの一つで、春・秋の行楽シーズンを中心に多くの利用がある。また、保津峡駅→馬堀駅間において[[桂川 (淀川水系)|保津川]]での[[ラフティング]]客の帰路の足として重宝されているのも特徴的である。さらに沿線には多くの高校・大学を抱えているほか、近年は外国人観光客等の増加により年間を通して利用客は増加傾向にある。JR西日本では混雑緩和のため繁忙期の一部列車の8両編成化等に取り組んでいるものの、大半の列車は短い4両編成で運転されており、車両<ref group="注釈">3扉・クロスシートの車両のため、立席スペースが少なく通路が狭いため乗降に時間がかかりやすい。</ref>および京都駅の構造上の問題<ref group="注釈">頭端式ホームのため、改札口・他路線ホームへの通路が京都寄りにしか設けられていない。</ref>もあって、とりわけ京都方の車両はほぼ終日にわたり大変混雑する。
 
この路線の競争相手としては、[[京阪京都交通]](旧 [[京都交通 (亀岡)|京都交通]]<ref group="注釈">一時期は、繁華街の[[四条河原町]]まで乗り入れていたこともあり、競争上優位に立っていた。</ref>)による[[国道9号]]を経由して京都市内(京都駅、[[阪急京都本線|阪急京都線]][[桂駅]])と亀岡およびその以西とを結ぶ[[路線バス]]や、[[京福電気鉄道]][[京福電気鉄道嵐山本線|嵐山本線]](嵐電)がある。
 
全区間が[[旅客営業規則]]上の[[大都市近郊区間 (JR)|大都市近郊区間]]の「[[大都市近郊区間 (JR)#大阪近郊区間|大阪近郊区間]]」、および[[ICカード|IC]][[乗車カード]]「[[ICOCA]]」の近畿圏エリアに含まれている。
京都駅では北西の専用ホームから発車している。京都駅を発車すると[[東海道本線]]([[JR京都線]])に沿って西進して一度[[単線]]となるが、[[大宮通]]をくぐった先から[[複線]]になる。ここまでが京都駅構内である。右手には[[梅小路公園]]とすぐ横を走る[[京都鉄道博物館]](元の[[梅小路蒸気機関車館]])の「SLスチーム号」の線路を見ながら右に大きくカーブして、高架区間になる。その間左手には、[[梅小路蒸気機関車館|梅小路運転区]]と京都鉄道博物館が車窓から見える。左側から廃止された東海道本線の支線である山陰連絡線と合流すると[[丹波口駅]]で、この付近には[[京都市中央卸売市場第一市場]]や[[京都リサーチパーク]]がある。[[京福電気鉄道]](嵐電)[[京福電気鉄道嵐山本線|嵐山本線]]、[[四条通]](四条通の地下には[[阪急電鉄]][[阪急京都本線|京都線]]が走っている)、[[三条通]]を越え、右手に[[立命館大学#立命館朱雀キャンパス|立命館朱雀キャンパス]]、正面に大きな楕円形の屋根が見え始めると[[二条駅]]である。丹波口駅から二条駅までは[[千本通]]([[平安京]][[朱雀大路]]跡)にほぼ沿ってきたことになる。
 
二条駅を出ると、左にカーブして進路を再び西に変えると[[丸太町通]]に沿って、[[円町駅]]、さらに進むと三角屋根が目立つ[[花園駅 (京都府)|花園駅]]に到着する。花園駅を出ると、一旦地上に下りて高架の[[天神川通]]([[国道162号]])をくぐると再び高架になるが、その高架も左手に[[東映太秦映画村]]を過ぎて嵐電[[京福電気鉄道北野線|北野線]]を越えると終わり、地上駅の[[太秦駅]]に到着する。この付近から高いビルが目立たなくなり高度を上げて進んでいくと、2面4線の[[嵯峨嵐山駅]]に到着する。嵯峨嵐山駅は嵯峨野線全線複線化工事により[[橋上駅]]となり、構内の配線も上下共に同一ホームで[[停車 (鉄道)#緩急接続|緩急接続]]ができるように改良された。なお、近年嵯峨嵐山駅 - 保津峡駅間にある野々宮踏切にて線路内に観光客が立ち入り撮影を行う危険行為が問題になっており<ref name{{Refnest|group=":0注釈">|著名なものではタレントの[[松本伊代]]が自身のブログにおいて[[早見優]]とともに同踏切内で撮影した画像をアップロードして問題となり、直後に当該記事の削除と謝罪を行い<ref name="asahi20170210" />、ブログも閉鎖されることとなった。</ref>}}、JR西日本は4か国語の警告看板の設置や踏切付近に警備員を配置するなど対策を強化している。
 
嵯峨嵐山駅のすぐ横には[[嵯峨野観光鉄道]]の[[トロッコ嵯峨駅]]がある。嵯峨嵐山駅を出ると[[嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線|嵯峨野観光線]]と合流する。同線は嵯峨野線の下り線を使用して1線で単線運転を行っている。この付近から住宅地も少なくなり雑木林の中を進むようになるが、かつての嵯峨野線である嵯峨野観光線と分岐すると全長1,450mの小倉山トンネルを進む。トンネルを抜けて嵯峨野観光線と[[桂川 (淀川水系)|保津川]]を渡る第一保津川橋梁を抜けると第一保津トンネルを通過し、第二保津川橋梁上に駅がある[[保津峡駅]]である。すぐに第二保津トンネルに入り、トンネルを抜けては保津川を渡ってを2回繰り返して地蔵トンネルを抜けると、右側から嵯峨野観光線が見え始めて[[トロッコ亀岡駅]]を過ぎ、右にカーブをすると[[馬堀駅]]で、しばらく右側には田園風景(保津川の遊水地)、左側には住宅地が多く立ち並ぶ中を進むと[[亀岡駅]]に到着する。亀岡駅は嵯峨嵐山駅と同じく、嵯峨野線全線複線化に伴って橋上駅となった。
紅葉シーズンを中心に、京都駅 - 嵯峨嵐山駅間に[[臨時列車]]が運転されているほか、定期列車の増結も行われる。かつては、京都駅で[[スイッチバック]]または、[[丹波口駅]]から[[東海道本線]]の支線である山陰連絡線を利用して、大阪方面との間に臨時[[新快速]]が運転されていたことがあった(「[[#大阪方面からの臨時列車|大阪方面からの臨時列車]]」を参照)。近畿地方交通審議会では、山陰連絡線を活用して大阪方面との相互直通運転案を検討した<ref>{{PDFlink|[http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/shingi/pdf/8-5-2.pdf 第8回近畿地方交通審議会資料 別紙1『京阪神圏において、既存施設の改良に関し検討すべき主な事業』]}} - 国土交通省近畿運輸局近畿地方交通審議会 2004年</ref>が、新駅設置の妨げになるとして山陰連絡線は2016年2月をもって廃止された。
 
[[日本国有鉄道]](国鉄)の時代は汽車ダイヤであり、長距離特急や長距離[[普通列車]]を中心に運行され、京都近郊の日常的な需要に対してはほとんど考慮されていなかった<ref group="注釈">それでも、[[国鉄キハ40系気動車 (2代)|キハ47形]]を最大10両連結するなど、ラッシュアワーについては一定の対策がとられていた。一方で1970年代には、たとえば[[花園駅 (京都府)|花園駅]]・丹波口駅といった特急の停車しない駅の場合、日中で3時間列車が発着しなかった。</ref>。
 
{| class="wikitable" style="font-size:85%; text-align:center;"
2005年の桜のシーズンには「嵐山さくら号」が同様に運転されていた。
 
また1998年までは「嵯峨野・嵐山ホリデー号」2往復のうちの1往復は[[阪和線]]経由で[[和歌山駅]]発着の臨時快速列車として設定されていて、221系の4両編成(1997年からは6両編成)で運転され、指定席の設定もあった。停車駅は、阪和線内の快速停車駅(当時、[[三国ヶ丘駅|三国ケ丘駅]]・[[紀伊駅]]・[[六十谷駅]]は通過)・[[新今宮駅]]・[[弁天町駅]]・[[西九条駅]]・新大阪駅・高槻駅・丹波口駅 - 園部駅間の各駅で、大阪駅・京都駅は経由しなかったが、嵯峨野線内も通過駅があった年や京都駅を経由した年もある<ref group="注釈">例えば和歌山発着の臨時快速「嵯峨野・嵐山ホリデー221」1・4号は『JTB時刻表』1992年7月号によると山陰連絡線を経由して丹波口駅と並河駅 - 吉富駅を通過、『JTB時刻表』1995年4月号によると京都駅を経由して嵯峨野線内の各駅に停車していた。</ref>。
 
ほかにも、快速嵯峨野ホリデー号・レジャー号などが運転された。
* [[2013年]](平成25年)[[9月16日]]:[[平成25年台風第18号|台風18号]]により京都府に[[特別警報]]が発表、亀岡駅周辺で浸水、終日運休<ref>京都新聞2013年9月17日朝刊「台風18号の被害」記事より</ref>。
* [[2015年]](平成27年)3月14日:路線記号が本格導入開始<ref>[http://railf.jp/news/2015/03/16/153000.html JR西日本で路線記号の本格使用が始まる] - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース、2015年3月16日。</ref>。
* [[2017年]](平成29年)[[1月13日]]:タレントの[[松本伊代]]と[[早見優]]が嵯峨野線の線路内に無許可で立ち入り。2月に[[京都府警察|京都府警]][[右京警察署|右京署]]が2人を[[鉄道営業法]]違反の疑いで[[書類送検]]<ref name=":0asahi20170210">{{Cite news |title=松本伊代さん早見優さんを書類送検 線路内立ち入り容疑 |newspaper=朝日新聞デジタル |date=2017-02-10 |url=http://www.asahi.com/articles/ASK2B3S6MK2BPLZB007.html |publisher=朝日新聞社 |accessdate=2018-08-16 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20170210034330/http://www.asahi.com/articles/ASK2B3S6MK2BPLZB007.html |archivedate=2017-02-10}}</ref>。3月[[京都地方検察庁]]が2人を[[起訴猶予]]<ref>[http://www.asahi.com/articles/ASK3P5SZ7K3PPLZB00Y.html{{Cite news |title=松本伊代さん早見優さん、起訴猶予 線路内立ち入り] - |newspaper=朝日新聞デジタル |date=2017年3月-03-21 |url=http://www.asahi.com/articles/ASK3P5SZ7K3PPLZB00Y.html |publisher=朝新聞社 |accessdate=2018-08-16 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20170321114836/http://www.asahi.com/articles/ASK3P5SZ7K3PPLZB00Y.html |archivedate=2017-03-21}}</ref>
* [[2018年]](平成30年)[[3月17日]]:各駅に[[駅ナンバリング]]が導入され、使用を開始する。
*7月20日京都-丹波口間の新駅の駅名が梅小路京都西駅に決定
* [[2019年]](平成31年)春:梅小路京都西駅が開業予定<ref name="westjr20180720">{{Cite press release |title=JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定について |publisher=西日本旅客鉄道株式会社 |date=2018-7-20 |url=http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12734.html |accessdate= 2018-07-20}}</ref>。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{reflist}}
{{Reflist|group="注釈"}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
40,451

回編集